メインメニューを開く
班昭・『晩笑堂竹荘畫傳』より

班 昭(はん しょう、45年? - 117年?)は、中国後漢の著作家。中国初の女性歴史家。一名は姫。は恵姫、または恵班。

略歴編集

右扶風安陵県の人。歴史家の班彪の娘として生まれ、同じく歴史家の班固と、西域で活躍した武将である班超は兄である。班勇中国語版は甥(班超の三男)。

14歳で曹世叔に嫁いだが、世叔は早くに死に、彼女の才名を聞いた和帝が召し出して宮中に入れ、後宮后妃の師範とした。人々は敬して曹大家(そうたいこ)と称した。

兄の班固が『漢書』を未完成のまま亡くなったので、八表・天文志の稿を書き継いで完成させた。その他の著として、『女誡』7章、『続列女伝』2巻も彼女が選定したものと伝えられる。辞賦に長じて、父の班彪の『北征賦』に対して『東征賦』を作り、『文選』に収められ、漢代女流作家の第一人者に数えられる。ほぼ安帝の時代で元初年間(114年 - 119年)に没している。享年70余という。『後漢書』にその伝がある。