班猫(はんびょう)は、竹内栖鳳1924年に発表した絵画作品。山種美術館蔵。

班猫

栖鳳が滞在していた沼津市八百屋の店先で出会った猫に、北宋の第8代皇帝徽宗が描いた猫を想起したことがきっかけでインスピレーションを得たものである[1]1970年に国の重要文化財に指定されている。

普通は「斑猫」と表記する事が多いが、栖鳳自身の箱書きに従って現在の画題が定着している。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 作品紹介 - 山種美術館”. 山種美術館. 2021年4月29日閲覧。