メインメニューを開く

現代モービス株式会社(ヒュンダイモービス、英文社名:HYUNDAI MOBIS.Ltd )はソウル特別市に本社を置く自動車部品メーカー。

現代モービス株式会社
HYUNDAI MOBIS
Hyundai Mobis logo.jpg
種類 株式会社
市場情報
韓国取引所 012330.KS
略称 MOBIS
本社所在地 ソウル特別市江南区テヘラン路203 International Tower
設立 1977年7月
業種 輸送用機器
法人番号 2700150006427 ウィキデータを編集
事業内容 自動車部品
代表者 CEO:鄭明哲
売上高 連結:34兆1,986億ウォン
(2013年12月)
決算期 12月
主要株主 起亜自動車 16.88%
鄭夢九 6.96%
現代製鉄 (株)5.66%
主要子会社 エイチ・エル
外部リンク http://www.mobis.co.kr/
特記事項:現代精工から現代モービスに社名変更。
テンプレートを表示
現代モービス株式会社
Hyundai plate in TRA PPT1111.jpg
現代精工時代の鉄道車両内製造銘板
各種表記
ハングル 현대모비스 주식회사
漢字 現代모비스 株式會社
発音 ヒョンデモビス チュシックェサ
(ヒョンデモビス チュシフェサ)
日本語読み: げんだいもーびすかぶしきがいしゃ
2000年式
MR式
英語
Hyeondae Mobiseu Jusikhoesa
Hyŏndae Mobisŭ Chusikhoesa
Hyundai Mobis Ltd.
テンプレートを表示

自動車部品でデンソーに次ぐ世界3位。現代自動車グループの系列会社の自動車部品専門企業である。

主力製品・事業編集

  • エアバッグシステム
  • ランプ
  • ABSシステム
  • ステアリングシステム
  • マルチメディアシステム
  • LDWS(車線離脱警告システム)
  • LKAS(車線離脱防止システム)
  • SCC(適応型巡航制御装置)
  • SPAS(スマート駐車サポートシステム)
  • スマートキー
  • 駆動モーター
  • IPM(バッテリー、インバーター、コンバーター、統合モジュール)
  • シャーシモジュール
  • 運転席モジュール
  • フロントエンドモジュール
  • ホイール

主要事業所編集

沿革編集

  • 1977年7月 現代精工設立。(自動車部品事業、鋳造/バルブ事業、コンテナ事業担当)
  • 1979年 - 特装車事業部門に進出。
  • 1982年 - ヨット事業、水処理プラントなどの環境事業への進出。
  • 1983年 - 船舶の解体などのリソースの再生事業に進出。コンテナ部門で世界1位の生産メーカーでの飛躍。
  • 1985年 - 関連会社である現代自動車の吸収合併による鉄道車両事業や軍需事業への進出。
  • 1986年 - 韓国型ディーゼル電気機関車の生産。
  • 1987年 - マブックリ技術研究所新築開館。
  • 1989年 - 航空事業への進出。
  • 1991年 - 磁気浮上列車の開発。四輪駆動車ゲルロポ発売。
  • 1993年 - ソウル地下鉄4号線新型電車(4000系)の製造。
  • 1994年 - 航空事業部門、現代宇宙航空 (株)に移管。
  • 1995年 - 多目的乗用車サンタモ生産工場竣工。
  • 1996年 - サンタモの生産を開始。
  • 1999年 - 現代精工の鉄道車両部門、新設法人の韓国鉄道車両(後のロテム、現在の現代ロテム)に移管。四輪駆動乗用車部門と工作機械部門を現代自動車に移管。
  • 2000年11月 - 現代精工から現代モービスに社名変更。
  • 2001年 - 蔚山モービスオートモンスのプロバスケットボールチーム創立。
  • 2002年 - 江蘇省モービス竣工。
  • 2003年 - 梨花モジュール(株)を吸収合併し、北京のモジュール工場竣工。
  • 2005年 - 駅三洞に社屋移転、牙山物流センター竣工。
  • 2006年 - 米国オハイオモジュール工場(DXCモジュール工場)竣工。
  • 2007年 - カスコ合併や昌原工場新設。
  • 2007年7月 - モービス30周年
  • 2008年 - 品質研究所の設立、ハイブリッド中核部品事業への進出、商用車用ブレーキシステムの開発。
  • 2009年 - 現代オートネット、吸収合併、クライスラーから2兆5000億ウォン規模のシャーシモジュールの受注。
  • 2010年 - LG化学のバッテリー技術の合弁会社を設立。

主要関係会社編集

国内グループ企業編集

海外グループ企業編集

外部リンク編集