現代自動車グループ

現代自動車グループ(ヒュンダイじどうしゃグループ、Hyundai Motor Group)は、韓国最大手の自動車メーカー現代自動車と、その傘下にある起亜自動車(きあじどうしゃ)の企業グループである。2000年に現代グループから分離独立して誕生した。

現代自動車グループ
Hyundai Motor Group CI.svg
創業者 鄭周永
創立 2000年
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
中核企業 現代自動車
中心的人物 鄭夢九
主要提携先 現代グループ
外部リンク https://www.hyundai.co.kr
テンプレートを表示
現代自動車グループ
各種表記
ハングル 현대자동차그룹
漢字 現代自動車그룹
発音 ヒョンデチャドンチャグル
日本語読み: げんだいじどうしゃグループ
2000年式
MR式
英語
Hyeondae jadongcha geurup
Hyŏntae chatongch'a kŭrup
Hyundai Motor Group
テンプレートを表示

概要編集

ヒュンダイキアの乗用車、トラック、バスなど全ての車両を総計した世界規模の生産台数は、2010年以降、トヨタGMフォルクスワーゲングループルノー日産アライアンスに次ぐ世界第5位となっている。2012年の乗用車のみを見ればフォルクスワーゲン、トヨタに次いで世界第3位である[1]。また現代-起亜自動車グループ全体の販売台数は、アジアの自動車メーカーとしてはトヨタグループに次ぐ規模であり、日産とホンダを圧倒している。販売台数は約430万台[2]。2000年代後半の販売台数の急激の伸びは、経営方針として生産効率よりもデザインを優先することとし、起亜がアウディのチーフデザイナーだったペーター・シュライヤーを、現代がBMWのチーフデザイナーだったクリストファー・チャップマンを獲得して、それぞれデザイン責任者に据えたことが影響しているとされる[3]。流体の彫刻をコンセプトにしたデザインコンセプトが世界で受け、現代自動車グループの立役者となったペーター・シュライヤーは、2012年12月に起亜自動車社長兼現代自動車グループの最高デザイン責任者に就任した。

主なグループ企業編集

自動車編集

自動車部品編集

鉄鋼編集

重工業編集

広告代理店編集


物流編集

情報技術編集

経済と金融編集

建設編集

旅行リゾート編集

スポーツマーケティング編集

脚注編集

関連項目編集

現代-起亜自動車グループ

外部リンク編集

子会社のウェブサイト編集