環境映画(かんきょうえいが)は、環境問題を背景にとりあげたり、環境問題をテーマとする映画作品の総称。環境系作品とも。財団法人日本環境協会などが制作する、学校での環境教育を目的とした映画のほか、劇場公開を通して環境問題を啓発するものまでジャンルは幅広い。

概要編集

環境問題をヒントにフィクションで描かれる作品と、観客に対する啓蒙を主目的とするノンフィクション作品に分けられる。後者の場合は、不都合な真実のように政治的な主張に利用される場合もあり、その正確性に対して議論を呼ぶことがある。

環境問題の概念自体は1960年代に確立したものであるが、それ以前の時期の作品や日本においてはかなり後まで社会的に認識されていなかった為、社会問題としての核実験公害による汚染が生活を脅かす問題が顕在化した時期に作られた作品が結果的に環境映画になる場合もある。

著名な作品編集

関連項目編集

参考文献編集

脚注編集


外部リンク編集