メインメニューを開く

環状3号線

日本の東京都市計画道路幹線街路環状第3号線の一部区間を指す道路の通称
東京都市計画道路幹線街路環状第3号線

環状3号線 (かんじょうさんごうせん) は、東京都市計画道路幹線街路環状第3号線の一部区間の通称である。

概要編集

1923年に発生した関東大震災後、1927年の東京市の震災復興計画での街路計画をもとに、第二次世界大戦後に東京都の戦災復興計画で計画決定された「東京都市計画道路幹線街路環状第3号線」は、資金難で一部区間のみ開通した。これら開通区間は通称として「環状3号線」と呼称されることがある[要出典]。一般には、外苑東通り・播磨坂・言問通り三ツ目通りと呼ばれる東京都の通称道路名が環状3号線に相当する[1]。播磨坂は、文京区小石川にある環状3号線の一部で「環3通り桜並木」の一般的な呼び名である[2]

六本木付近では東京オリンピックを契機とする道路建設において、既存道路との交差地点にトンネルが設けられるなど、将来の開通を見越した工事が行われた。また、文京区では「播磨坂」として一部区間が開通している。

歴史編集

東京では1923年大正12年)の関東大震災後の復興のため、1927年昭和2年)に東京駅を中心に半径約10マイル(16キロメートル)の範囲に、1号から8号までの環状道路と放射状の道路を配置する道路整備計画がたてられた[3]。環状第1号線から環状第6号線までの6本の道路は、既存の道路を利用して環状につなげるために必要な部分だけ道路を新設する計画であった[3]。この計画に基づき都心部の環状道路の整備が始められていったが、太平洋戦争がはじまり戦時下となると、戦争が最優先事項となったため道路整備計画は棚上げとなった[4]。終戦後まもなく、東京の戦後復興計画として道路整備が区画整備と一体的となって再開されるものの、整備するために必要な予算が不足し、あちこちの区間で用地買収や立ち退き交渉が暗礁に乗り上がるなどが原因で、道播磨坂などの部分的で区間が短い道路整備しか行われなかったため道路はつながらず[2]、道路全体の構成は分断された環状通りとは言い難い状況となっている[4]

六本木区間編集

青山から六本木を経由し、芝へ至る区間。並行する外苑東通りバイパス機能を持つ。1993年に全線開通・供用を開始した。外苑東通りが尾根沿いを走るのに対して、当道は谷沿いの低地を走る。東京都道319号環状三号線に指定されている。

起点・終点編集

  • 起点:青山ツインビル裏交差点(青山一丁目交差点の1つ南側の交差点)
  • 終点:芝公園グランド交差点

交差点名と交差する道路の名称・トンネル施設編集

交差点名 交差する道路の名称 出典
青山ツインビル裏(起点) 外苑東通り  
日本学術会議前 東京都道413号赤坂杉並線 [5]
(六本木トンネル)  
六本木六丁目(麻布トンネル) 六本木通り  
鳥居坂下   [6]
新一の橋 東京都道415号高輪麻布線
首都高速都心環状線
[7]
赤羽橋 桜田通り国道1号 [8]
芝公園ランプ出口 首都高速都心環状線内回り芝公園ランプ [9]
芝公園グランド(終点) 日比谷通り東京都道409号日比谷芝浦線 [10]

トンネル編集

 
六本木トンネル(青山霊園方面から)
六本木トンネル
政策研究大学院大学(旧・東京大学物性研究所)付近は山状の地形となっており、地上には在日米軍基地が存在したため、長らく未開通であったが、1993年にトンネルが完成した。
麻布トンネル
1964年東京オリンピックの関連整備として東京オリンピック前に開通したが、1990年頃までは現在の内回り側を外回り方向に走らせる形の片側供用であった(トンネル通過後は左に180度転回して六本木通りに出る形だった)。現在の外回り側トンネルは20年間以上も封鎖されていた。その後、六本木トンネル完成に合わせて、両側供用となった。

播磨坂区間編集

 
道路中央の遊歩道部分

文京区小石川四丁目・五丁目にまたがり、春日通り千川通りを結ぶ全長460メートル、幅40メートルほどの区間[11]は、通称「播磨坂桜並木」「環三通り」「環状3号線」と呼ばれている。公園のように整備された中央分離帯には、数カ所に彫刻やベンチが配置された桜並木の遊歩道が設けられており、東京都心部の貴重なグリーンゾーンとなっている[2]

かつてはこの区間のほぼ中間に位置する交差点の地点名として「環三通り」が存在したが、後に「播磨坂桜並木」に改称されている。「播磨坂」の名は、この付近にかつて存在した常陸国府中の藩主・松平播磨守の上屋敷にちなんだものである[2][12]

東京都建設局長で都市計画家石川栄耀戦災復興都市計画として計画した、広幅道路と緑地帯を整備する構想が実現した数少ない箇所の一つであり[13]、これはこの地区一帯の戦災復興事業が駅前整備と関係なく早期に着手され、なおかつ完成を見たためである[14]。なお、この区間は、東京都道319号環状三号線ではなく、文京区道(893号線)に指定されている[15]

その後、文京区が中央分離帯園のように改造し[2]1960年昭和35年)に舗装された際[12]、当時の「全区を花でうずめる運動」の一環として[16]、地元の人々が協力して中央部とその両側の歩道に[17]ソメイヨシノなどおよそ120本[注釈 1]の桜が植えられた[2][16]。桜並木の周囲は幅の狭い中央分離帯になっていたが、1990年頃には人々の憩いの場としても機能しており、接触事故を防ぐためのセーフティーコーンが置かれていたこともあったという[19]。その後路上駐車ゴミの放置が目立ち始めたが、車線数に比べ交通量が少ないことから、1995年に中央寄りの2車線を塞いだ部分に遊歩道が新たに設けられ、坂の北東半分を和風のイメージとし、南西半分を洋風のイメージとして整備された[17]。1971年度以降[注釈 2]毎年3月下旬から4月上旬に開かれる「文京さくらまつり」の会場にもなっている[12][16]

交差点名 交差する道路の名称 出典
植物園 千川通り東京都道436号小石川西巣鴨線 [20]
播磨坂桜並木   [21]
小石川五丁目 春日通り国道254号 [22]

延伸計画編集

第三次事業化計画優先整備路線にて、芝公園二丁目から海岸一丁目を経て、豊海町で清澄通りに接続する計画がある。

交差点名と交差する道路の名称編集

交差点名 交差する道路の名称
芝公園グランド 日比谷通り
(金杉橋北付近) 第一京浜
(東京ガス前付近) 海岸通り
(海底トンネル)
月島警察署前  
(終点) 環二通り(建設中)

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 木の本数は文献によって差があり、128本[18]、150本[12]とするものもある。
  2. ^ 1968年以降とする文献もある[17]

出典編集

  1. ^ ロム・インターナショナル(編) 2005, p. 32.
  2. ^ a b c d e f ロム・インターナショナル(編) 2005, pp. 32-33.
  3. ^ a b ロム・インターナショナル(編) 2005, p. 30.
  4. ^ a b ロム・インターナショナル(編) 2005, p. 31.
  5. ^ Google, Inc. Google Maps – 日本学術会議前交差点 (地図). Google, Incによる作成.. http://maps.google.co.jp/maps?q=35.665229,139.724688 2013年6月3日閲覧。 
  6. ^ Google, Inc. Google Maps – 鳥居坂下交差点 (地図). Google, Incによる作成.. http://maps.google.co.jp/maps?q=35.657052,139.733647 2013年6月3日閲覧。 
  7. ^ Google, Inc. Google Maps – 新一の橋交差点 (地図). Google, Incによる作成.. http://maps.google.co.jp/maps?q=35.656276,139.737172 2013年6月3日閲覧。 
  8. ^ Google, Inc. Google Maps – 赤羽橋交差点 (地図). Google, Incによる作成.. http://maps.google.co.jp/maps?q=35.654886,139.745208 2013年6月3日閲覧。 
  9. ^ Google, Inc. Google Maps – 芝公園ランプ出口交差点 (地図). Google, Incによる作成.. http://maps.google.co.jp/maps?q=35.654167,139.747842 2013年6月3日閲覧。 
  10. ^ Google, Inc. Google Maps – 芝公園グランド前交差点 (地図). Google, Incによる作成.. http://maps.google.co.jp/maps?q=35.654001,139.749816 2013年6月3日閲覧。 
  11. ^ “[東京の散歩道]文京・播磨坂 木漏れ日も柔らかく”、『読売新聞』2005年11月9日東京夕刊、シテA、11頁。
  12. ^ a b c d 文京区 播磨坂さくら並木、文京区公式ウェブサイト、2013年1月21日閲覧。
  13. ^ 越澤(2008)、p.274, 280, 284
  14. ^ 越澤(1991)、p.243
  15. ^ 文京区道路管理台帳(平面図) (PDF) のうち4図、5図、14図を参照(文京区、2012年1月6日閲覧)。
  16. ^ a b c 文京区 文京さくらまつり、文京区公式ウェブサイト、2013年1月21日閲覧。
  17. ^ a b c “東京・文京の「播磨坂」散歩道に 一味違うお花見いかが”、『読売新聞』1995年3月31日東京朝刊、都民、36頁。
  18. ^ “七分咲き、播磨坂の桜/東京・文京”、『読売新聞』1996年4月4日東京朝刊、都民、26頁。
  19. ^ 越澤(2008)、p.285
  20. ^ Google, Inc. Google Maps – 植物園前交差点 (地図). Google, Incによる作成.. http://maps.google.co.jp/maps?q=35.717267,139.744669 2013年2月5日閲覧。 
  21. ^ Google, Inc. Google Maps – 播磨坂桜並木交差点 (地図). Google, Incによる作成.. http://maps.google.co.jp/maps?q=35.716557,139.741949 2013年2月5日閲覧。 
  22. ^ Google, Inc. Google Maps – 小石川五丁目交差点 (地図). Google, Incによる作成.. http://maps.google.co.jp/maps?q=35.715389,139.739875 2013年2月5日閲覧。 

参考文献編集

  • 越澤明『東京の都市計画』岩波書店、1991年。ISBN 4-004-30200-5
  • 越沢明『東京都市計画物語』筑摩書房、2008年。ISBN 4-480-08618-8
  • ロム・インターナショナル(編)『道路地図 びっくり!博学知識』河出書房新社〈KAWADE夢文庫〉、2005年2月1日、30-33頁。ISBN 4-309-49566-4

関連項目編集