メインメニューを開く

国道155号

日本の愛知県を通る一般国道

国道155号(こくどう155ごう)は、愛知県常滑市から中京圏反時計回りに同県弥富市へ至る一般国道である。

一般国道
国道155号標識
国道155号
総延長 148.5 km
実延長 145.2 km
現道 117.7 km
制定年 1963年指定
起点 愛知県常滑市[錦交差点]地図
主な
経由都市
愛知県知立市豊田市春日井市一宮市津島市小牧市
終点 愛知県弥富市
弥富高架橋南交差点(地図
接続する
主な道路
記法
国道247号標識 国道247号
国道23号標識 国道23号
国道1号標識 国道1号
国道153号標識 国道153号
国道19号標識 国道19号
国道41号標識 国道41号
国道22号標識 国道22号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
刈谷市新富町(レクサス刈谷前)

目次

概要編集

愛知県西・中部の環状道路として国道302号の外側を通る国道であり、名古屋環状3号線として位置づけられている[1]豊田南バイパストヨタ自動車堤工場をオーバーパスする。

小牧市から一宮市へ向かうバイパスは工事が完全には終了しておらず、両端とも現道と接続していない。また、完成のめども立っていない。この区間は都市計画道路北尾張中央道として計画されている。

路線データ編集

一般国道の路線を指定する政令[2][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史編集

現行の道路法(昭和27年法律第180号)に基づく二級国道として初回指定された1953年昭和28年)では、名古屋富山線として指定されていた[7]1959年(昭和34年)に一級国道41号への昇格[8]に伴って欠番となり、1963年(昭和38年)に新たに指定された名古屋環状線に採番された[9]

年表編集

路線状況編集

 
豊田市花園町付近の豊田南バイパス。中央分離帯上を衣浦豊田道路が通り、さらにそれを伊勢湾岸自動車道がオーバーパスしている。
 
小牧市城山付近の小牧一宮バイパス(2005年5月)。現在は奥に見える斜面が崩され、春日井市との境界付近まで延伸されている。
 
一宮市千秋地区にて、岩倉市方向から撮影

通称編集

バイパス編集

重複区間編集

  • 国道247号(常滑市原松町三丁目起点 - 西知多産業道路横須賀IC 高横須賀町交差点)
  • 国道419号(豊田市西町5丁目交差点 - 豊田市西町4丁目交差点及び豊田市駒場町向金交差点 - 豊田市駒場町朝日交差点)
  • 国道248号(豊田市西町5丁目交差点 - 瀬戸市東本町交差点)
  • 国道363号(瀬戸市東本町交差点 - 瀬戸市瀬戸橋南交差点)
  • 国道366号(大府市大府高校北交差点 - 大府市惣作交差点)
  • 国道153号(豊田市東新町 - 豊田市西町4丁目交差点)

道路施設編集

  • 矢田川橋(矢田川、常滑市小倉町 - 知多市南粕谷新海)
  • 境大橋(境川逢妻川、大府市横根町 - 刈谷市中手町)
  • 瀬戸橋(瀬戸川、瀬戸市西本町 - 同市山脇町)
  • 新東谷橋(庄内川、名古屋市守山区大字上志段味 - 春日井市気噴町)
  • 弥富高架橋(JR関西本線近鉄名古屋線、弥富市鎌倉町 - 同市鯏浦町)

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ a b 2006年4月1日に海部郡十四山村編入と同時に市制施行して弥富市発足。
  3. ^ a b c d e f g 2015年4月1日現在

出典編集

  1. ^ 美しい愛知づくり基本計画 - 第2章:広域景観の形成 (PDF)”. 愛知県建設部公園緑地課. 2012年10月17日閲覧。
  2. ^ a b 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2012年10月17日閲覧。
  3. ^ 愛知県道路交通法施行細則(昭和35年12月14日公安委員会規則第6号)”. 愛知県警察例規集. 愛知県警察. 2014年6月6日閲覧。
  4. ^ 災害時の交通規制対象路線(表)”. 愛知県警察. 2014年6月4日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2016. 国土交通省道路局. p. 8. 2017年5月7日閲覧。
  6. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2015年8月26日閲覧。
  7. ^   ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和28年5月18日政令第96号)の原文があります。
  8. ^   ウィキソースには、一級国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令(昭和37年5月1日政令第184号)の原文があります。
  9. ^ a b   ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令(昭和37年5月1日政令第184号)の原文があります。
  10. ^ “4月1日より路線の名称と窓口が変わります。〜国道153号・155号の一部区間〜” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省名古屋国道事務所・愛知県, (2015年3月26日), http://www.cbr.mlit.go.jp/kisya/2015/03/1566.pdf 2016年8月11日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集