メインメニューを開く

瓜生氏(うりうし)は、越前国瓜生村・杣山城を本拠とする日本中世豪族である。

沿革編集

先祖は嵯峨源氏渡辺綱とされ、後裔の瓜生種越後国三島郡瓜生[1]に住んでいたことから、瓜生氏を初めて名乗ったとする。

瓜生種の子の瓜生貞文永年間1264年 – 74年)に越後国から越前国に移住。その子の瓜生衡の時代に同国杣山[2]に移住した。その子の瓜生保従五位下検非違使判官に任じられた。瓜生保の姉は気比神社気比氏治に嫁いでいる。

脚注編集

  1. ^ 幕末には三島郡瓜生村、瓜生権六新田、及び瓜生市郎右衛門新田。のち吉川村脇野町三島町の一部、現・長岡市瓜生
  2. ^ 福井県南条郡南杣山村杣山、阿久和、鯖波中小屋の各地区(もとの村)及び北杣山村金粕堂宮上野牧谷鋳物師(いものし)の各地区)、のちの南条村、現・南越前町杣山; 山と杣山城の位置は同町阿久和

参考文献編集

  • 『越前瑩山禅師ものがたり』(大浦和子、2013年)

関連項目編集