甘味果実酒(かんみかじつしゅ)は、日本における酒税法上の分類。甘味を持つように製造された混成酒を指す。

「蜂印香竄葡萄酒」(蜂ブドー酒)

特色編集

 
赤玉ポートワイン

果実酒ワインなど)の発酵過程の途中でブランデーなどの蒸留酒を添加し、エタノールの濃度を上げることにより酵母を殺して発酵を止め、それ以上酵母によって糖分が分解されないようにすることで、糖分を比較的多く残すという方法によって製造される。ポートワインシェリーマデイラ・ワインマルサラなどが甘味果実酒に分類されるが、これらは一般的に酒精強化ワインと呼ばれる。欧米では果実酒と同カテゴリーに分類され、広義のフルーツワインに含まれる。ハーブなどを加えたベルモットのように、必ずしも甘いとは限らない。

代表的な甘味果実酒編集

日本国内編集

  • 赤玉スイートワイン - サントリー商標銘柄。1907年(明治40年)4月に赤玉ポートワインとして販売開始され、1973年(昭和48年)に赤玉スイートワインに改称した。
  • ニッカアップルワイン - ニッカウヰスキーの商品。同社初のウイスキーより2年早く、1938年(昭和13年)に販売開始された。リンゴを原料に作られたワインとブランデーを混合している。
  • 蜂印香竄葡萄酒(はちじるしこうざんぶどうしゅ) - 1881年(明治14年)に販売開始された商品。神谷傳兵衛のみかはや銘酒店によって製造され、近藤利兵衛の近藤商店によって販売された。輸入葡萄酒にハチミツ漢方薬を混和し、独特の甘味を持たせた。神谷はこの香竄葡萄酒での経験を元に、1893年(明治26年)頃にブランデーをベースとした電気ブランを発売した。現在は神谷バーなどで提供されている。

日本国外編集

 
ポートワイン

関連項目編集