メインメニューを開く

生きのびるために』(いきのびるために、: The Breadwinner)は、カートゥーン・サルーンノラ・トゥーミー監督による2017年のアニメーション映画。ミミ・ポーク・ギトリン[2]アンジェリーナ・ジョリー[3]がエグゼクティブ・プロデューサーを務めている。デボラ・エリスベストセラー小説を原作としており、映画はカナダ、アイルランド、ルクセンブルグで共同製作され、2017年11月17日に公開された[4]

生きのびるために
The Breadwinner
監督 ノラ・トゥーミー
脚本
原作 デボラ・エリス
生きのびるために
製作
出演者
音楽
製作会社
配給
公開
上映時間 94分
製作国
  • カナダ
  • アイルランド
  • ルクセンブルク
言語 英語
製作費 10,000,000ドル
テンプレートを表示

公開に先立ち、映画は2017年9月の第42回トロント国際映画祭でワールド・プレミア上映された[5]。『生きのびるために』は第90回アカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネートされた。

2001年のターリバーン政権下のアフガニスタンが舞台[6]で、父親が娘に本を読ませた罪で拘束された少女パヴァーナが主人公である。

目次

スタッフ編集

  • 原作・脚本原案 - デボラ・エリス
  • 監督 - ノラ・トゥーミー
  • 助監督・ストーリーボード監修 - スチュアート・シャンクリー
  • 脚本 - アニータ・ドロン
  • ヘッドオブストーリー - ジュリアン・ルニャール
  • ストーリーボード - ジュリアン・ルニャール、ジョバンナ・フェラーリ、リッケ・スコウゴー、ミエラ・セラ、トム・ムーア
  • アートディレクター - ラーサ・リアヒ、キアラン・ダフィー
  • コンセプトデザイン - エイドリアン・ミリガウ、ロス・スチュアート、ノラ・トゥーミー、トム・ムーア、ジェーン・バプテスト・ヴェンダム、マリオン・ブロット
  • キャラクターデザイン - ラーサ・リアヒ、サンドラ・ノルプ・アンダーセン
  • アニメーションディレクター - ファビアン・アーリンハウザー
  • レイアウト監修 - キアラン・ダフィー、スチュアート・シャンクリー、デニス・ランバート
  • 作画監督 - ファビアン・アーリンハウザー、ニコラス・ドゥブレ
  • 背景監修 - キアラン・ダフィー、パスカル・ジェラード
  • 特殊効果スーパーバイザー - クラウディオ・パッチャレッリ
  • CGデザインスーパーバイザー - ヴァレンティン・ワイリック
  • テクニカルディレクター・背景キャラクター監修 - マーク・マラリー
  • 物語パート演出 - ジェレミー・パーセル
  • 物語パートアニメーションディレクター - ロレイン・ローダン
  • GURUスタジオアートディレクター - サナタン・スリャヴァンシ
  • 撮影監督 - シェルドン・リソイ
  • 編集 - ダレイ・バーン
  • キャスティングディレクター - マリー・アン・リドリー
  • 方言指導 - カワ・アーダ
  • サウンドデザイン - J・R・ファウンテン
  • 音楽 - マイケル・ダナジェフ・ダナ
  • ラインプロデューサー・制作統括 - カーチャ・シューマン
  • プロデューサー - アンソニー・レオン、アンドリュー・ローゼン、ポール・ヤング、トム・ムーア、ステファン・ローランツ
  • エグゼクティブプロデューサー - アンジェリーナ・ジョリー、ゲリー・シーレン、ミミ・ポーク・ギトリン、ジョン・レヴィン、レジーナ・K・スカリー、エリック・ベックマン、デヴィッド・ジェスタート、メアリー・ブレディン、フランク・ファルコーネ、カリム・アメア、ジャハニ・ヌージャイム
  • 制作 - カートゥーン・サルーン、エアクラフト・ピクチャーズ、メリュジーヌ・プロダクション
  • 共同制作 - スタジオ352、GURUスタジオ、テクニカラー、ヨーロピアン・フィルムボンズ、ドイツ・フィルムフェアズィッヒェルングス・ゲマインシャフト、アクトラ、ディレクターズ・ギルド・オブ・カナダ
  • 製作サポート - フィルム・ファンド・ルクセンブルグ
  • 共同製作 - テレフィルムカナダ、テレフィルムカナダ・タレントファンド、Bórd Scannán na hÉireann/アイルランド映画委員会
  • 製作著作 - Breadwinner Canada Inc.、カートゥーン・サルーン、メリュジェーヌ・プロダクション

受賞歴編集

日付 部門 受賞者 結果 出典
アニー賞 2018年2月3日 長編インディペンデント作品賞 『生きのびるために』 受賞 [7]
長編作品キャラクターデザイン賞 レザ・リアヒ、ルイーズ・バッグナル、アリス・デュドネ ノミネート
長編作品監督賞英語版 ノラ・トゥーミー ノミネート
長編作品音楽賞英語版 マイケル・ダナジェフ・ダナ ノミネート
長編作品プロダクションデザイン賞 シアラン・ダッフィー、ジュリアン・ルニャール、ダビー・ザイナブ・ファイディ ノミネート
長編作品ストーリーボーディング賞 ジュリアン・ルニャール ノミネート
長編作品声優賞英語版 サラ・チャウドリー英語版 ノミネート
ラアラ・サディク ノミネート
長編作品脚本賞英語版 アニータ・ドロン英語版 ノミネート
長編作品編集賞 ダラ・バーン ノミネート
アカデミー賞 2018年3月4日 長編アニメ映画賞 ノラ・トゥーミーアンソニー・レオ英語版 ノミネート [8]
カナダ・スクリーン・アワード 2018年3月11日 作品賞 アンドリュー・ローゼン、アンソニー・レオ英語版、ポール・ヤング、トム・ムーア、ステファン・ローランツ ノミネート [9][10]
脚色賞 アニータ・ドロン英語版 受賞
編集賞 ダラ・バーン ノミネート
音声編集賞 ネルソン・フェレイラ英語版ジョン・エリオット[要曖昧さ回避]J. R.ファウンテンダシャン・ナイドーテイラー・ウィッタム 受賞
作曲賞 マイケル・ダナジェフ・ダナ 受賞
歌曲賞 『The Crown Sleeps』カイス・エッサール英語版とジョシュア・ヒル 受賞
平和映画賞 2018年2月19日 正義のための平和映画賞 『生きのびるために』 受賞 [11]
放送映画批評家協会賞 2018年1月11日 アニメ映画賞 『生きのびるために』 ノミネート [12]
ゴールデングローブ賞 2018年1月7日 アニメ映画賞 『生きのびるために』 ノミネート [13]
ゴールデン・トマト賞 2018年1月3日 2017年のベストアニメ映画 『生きのびるために』 4位 [14]
ロサンゼルス映画批評家協会賞 2018年1月13日 アニメ映画賞 『生きのびるために』 受賞 [15]
ワシントンD.C.映画批評家協会 2017年12月8日 アニメ映画賞英語版 『生きのびるために』 ノミネート [16]
アヌシー国際アニメーション映画祭 2018年6月16日 観客賞 『生きのびるために』 受賞 [6]
審査員賞 『生きのびるために』 受賞

関連項目編集

参考文献編集

  1. ^ “Mychael & Jeff Danna to Score ‘The Breadwinner’”. Film Music Reporter. (2017年6月2日). http://filmmusicreporter.com/2017/06/02/mychael-jeff-danna-to-score-the-breadwinner/ 2018年6月17日閲覧。 
  2. ^ Mitchell, Wendy (2016年5月19日). “International Co-Pro ‘The Breadwinner’ Enters Production”. AnimationMagazine.net. http://www.animationmagazine.net/features/international-co-pro-the-breadwinner-enters-production/ 2018年6月17日閲覧。 
  3. ^ Mitchell, Wendy (2014年11月29日). “Animated Breadwinner eyeing April start”. ScreenDaily.com. http://www.screendaily.com/territories/uk-ireland/animated-breadwinner-eyeing-april-start/5080503.article 2018年6月17日閲覧。 
  4. ^ Milligan, Mercedes (2016年5月19日). “International Co-Pro 'The Breadwinner' Enters Production”. Animation Magazine. http://www.animationmagazine.net/features/international-co-pro-the-breadwinner-enters-production/ 2018年6月17日閲覧。 
  5. ^ The Toronto International Film Festival unveils first slate of films for 2017”. TIFF. TIFF. 2018年6月17日閲覧。
  6. ^ a b アヌシー映画祭で「生きのびるために」「ピッグ 丘の上のダム・キーパー」が受賞”. 映画ナタリー (2018年6月17日). 2018年6月21日閲覧。
  7. ^ Hipes, Patrick (2017年12月4日). “Annie Awards: Disney/Pixar's 'Coco' Tops Nominations”. Deadline Hollywood. 2018年6月18日閲覧。
  8. ^ 'Oscar Nominations 2018: The Complete List”. Variety (2018年1月23日). 2018年6月18日閲覧。
  9. ^ "‘The Breadwinner’ Nominated For 6 Canadian Screen Awards, Including Best Picture". Cartoon Brew英語版, January 20, 2018.
  10. ^ Maudie, The Breadwinner, Hochelaga, Land of Souls, Rumble: The Indians Who Rocked the World, Kim's Convenience, Alias Grace and The Amazing Race Canada Among 2018 Canadian Screen Awards Winners”. Newswire.ca英語版 (2018年3月12日). 2018年6月18日閲覧。
  11. ^ Nominations 2018” (英語). Cinema for Peace Foundation. 2018年6月18日閲覧。
  12. ^ 'Shape of Water' Leads Critics' Choice Film Nominations”. Variety (2017年12月6日). 2018年6月18日閲覧。
  13. ^ Golden Globes Winners: Complete List”. Variety (2018年1月7日). 2018年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月18日閲覧。
  14. ^ Golden Tomato Awards - Best of 2017”. Rotten Tomatoes (2017年1月3日). 2017年1月13日閲覧。
  15. ^ LA Film Critics”. 2017年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月3日閲覧。
  16. ^ The 2017 WAFCA Awards”. Washington D.C. Area Film Critics Association (2017年12月7日). 2018年6月18日閲覧。

外部リンク編集