メインメニューを開く

生きるために』(原題:Triumph of the Spirit)は、1989年制作のアメリカ合衆国の映画

生きるために
Triumph of the Spirit
監督 ロバート・M・ヤング
脚本 アンジェイ・クラコフスキー
ローレンス・ヒース
原案 シモン・アラマ
ジオン・ハーン
製作 アーノルド・コペルソン
シモン・アラマ
出演者 ウィレム・デフォー
音楽 クリフ・エデルマン
撮影 カーティス・クラーク
編集 アーサー・コバーン
配給 日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1989年12月8日
日本の旗 1991年5月18日
上映時間 121分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $408,839[1]
テンプレートを表示

第二次世界大戦中、アウシュヴィッツに送られ、悲惨な戦いを続けたユダヤ人ボクサーの姿を描く。ギリシャ系ユダヤ人ボクサー・サラモ・アラウチ英語版の実体験の映画化。ウィレム・デフォー主演。

目次

あらすじ編集

ギリシャに生まれ育ったユダヤ人のサラモはボクシングミドル級のバルカン・チャンピオンであったが、第二次世界大戦中、家族共々アウシュヴィッツに送られた。サラモは家族と引き離され、苛酷な強制労働の毎日を送るが、ある日、班長の横暴さに耐えかねて、彼に鉄拳を振るってしまう。

これにより、彼がプロボクサーであることを知ったナチスの将校たちは、賭けの対象として彼にボクシングの試合をさせ始める。サラモはナチスの将校の賭けの対象として試合をさせられることに屈辱を感じるが、負ければ即ガス室送りになるため、生きるために勝ち続けなければならなかった。サラモは連戦連勝を続けるが、その間にも父や弟はガス室に送られていった。

ある日、連合軍による突然の空爆が行われ、ドイツの敗色が次第に濃くなっていることが次第に明らかになっていく。そんな中、戦況の変化によってアウシュヴィッツが閉鎖されるという噂に捕虜たちは反乱の計画を立て、サラモもそれに加わる。そして、それを実行に移す時が来たが…。

キャスト編集

脚注編集

外部リンク編集