メインメニューを開く
読売新聞社『家庭よみうり』374号(1954年)より

田井 洋子(たい ようこ、1911年8月9日 - 2008年3月13日)は、脚本家。

東京生まれ。兄は田井真孫。本名・丸茂ふぢ子。東京府立第三高等女学校卒。岡本綺堂に師事して劇作を始め、綺堂主宰の「舞台」などに作品を発表。1948年NHK懸賞放送劇に「魚紋」が1位入選。代表作にラジオ「最上川」、テレビ「恋文」[1]パパと歩こう」、「パパの育児手帳」、「香華」、「裁きの家」、「鬼のいぬ間に」、「いつか青空」、「青春」 、「雪燃え」、「ただいま11人」、「嫁ぐ日まで」、「花の番地」、「忠臣蔵・女たち・愛」など。

著書編集

  • 『魚と貝の四季 味覚の話題』北陸館 1969
  • 『田井洋子放送作品選集』青蛙房 1973
  • 『ドラマをつくる 発想からシナリオまで』教育史料出版会 芸術教育叢書 1980
  • 『白椿幻想 ラジオドラマ集』日本放送作家組合 1984
  • 『女のいろは坂』学習研究社 1985
  • 『水のある砂漠 装いの街・ハラジュク』学習研究社 1986
  • 『風色のタンゴ』主婦の友社 1987
  • 『ぬくもりの贈り物 ふれあい歳時記』広済堂出版 1989
共著

脚注編集