メインメニューを開く

田畑 暁生(たばた あけお、1965年 - )は、日本社会学者[1]神戸大学発達科学部/人間発達環境学研究科教授[2]。社会情報学、メディア論、映像論を専門としており、地域情報化政策について多数の業績をあげ[2]、翻訳も数多く手がけている。専門社会調査士、専門地域調査士、専門統計調査士。

経歴編集

東京都生まれ[3]東京大学経済学部卒業後、東京大学大学院では社会情報学を専攻し[3]修士(社会学)を取得[2]博士課程を単位取得退学した[3]1996年に神戸大学の教員となった[3]

おもな業績編集

単著編集

  • 映像と社会:表現・地域・監視、北樹出版、2003年
  • 情報社会論の展開、北樹出版、2004年
  • 地域情報化政策の事例研究、北樹出版、2005年
  • メディア・シンドロームと夢野久作の世界、NTT出版、2005年
  • 西日本の地域情報化政策、北樹出版、2006年
  • 東日本の地域情報化政策、北樹出版、2008年
  • 離島の地域情報化政策、北樹出版、2011年
  • あの頃、バブル(小説集)、鳥影社、2018年
  • 風嫌い(小説集)、鳥影社、2019年

編著編集

訳書編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ akehyon-diary プロフィール”. 田畑暁生. 2013年7月15日閲覧。
  2. ^ a b c 教員情報(TABATA Akeo)”. 神戸大学. 2013年7月15日閲覧。
  3. ^ a b c d 田畑暁生”. ReaD&Researchmap/独立行政法人科学技術振興機構. 2013年7月15日閲覧。

外部リンク編集