メインメニューを開く

田目皇子(ため の みこ、生没年不詳)は、大和時代皇族。または多米王[1]、豊浦皇子とも呼ばれる[2]

概要編集

用明天皇の第一皇子。母は蘇我石寸名蘇我稲目の娘)[1]または意富芸多志比売[3]。子に男子一人(一説では高向王[4]宝女王の最初の夫、漢皇子の父))と佐富女王がいる。聖徳太子の異母兄。

用明天皇の死後、継母の穴穂部間人皇女(聖徳太子の母)と結婚したという[5]。穴穂部間人皇女は佐富女王を産んだ。

脚注編集

  1. ^ a b 古事記
  2. ^ 日本書紀
  3. ^ 欽明天皇の妃堅塩媛を誤伝したものとされる(日本古典文学大系新装版『日本書紀』の頭注参照)。
  4. ^ 鈴木真年『史略名称訓義』皇極天皇条、中田憲信『皇胤志』(いずれも宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年、110頁 による)
  5. ^ 『聖徳太子平氏伝雑勘文』 上ノ三 上宮太子御子孫竝后等事条 所引にある『上宮記』逸文に「多米王 父ハ用明 母ハ蘇我女也 父天皇崩後 娶庶母間人孔部王生兒 佐富女王 一也」とある。

外部リンク編集