田 臧(でん ぞう、? - 紀元前208年)は、陳勝・呉広の乱を起こした陳勝に仕え、呉広配下となった将軍。呉広を殺して、と戦ったが、敗死した[1][2]

生涯 編集

秦の二世元年(紀元前209年)7月、陳勝・呉広の乱が起こる。陳勝たちは陳を制圧し、陳勝は国号を張楚とし、王を名乗ると、呉広は仮王となる。中国全土も騒乱状態になった。

呉広は諸将を監督して西に赴き、滎陽を討つことになった。史記や漢書には明確な記述はないが、田臧もこの頃には陳勝の将軍に任命され、諸将の一人として、李帰らとともに、呉広に監督されていたものと考えられる。

同年8月、呉広は滎陽まで進み、三川郡守である李由(秦の李斯の長男)が守る滎陽を(田臧らに)囲ませたが、落城させることができなかった。

この頃、別動軍を率いた陳勝の将軍である周文(周章)が滎陽の西にある函谷関まで至り、函谷関を突破した。

同年9月、周文の軍が戯において陣を布いた。秦では囚人や奴隷を狩りだして兵とし、章邯に率いさせて周文を討伐させる。周文の軍は敗走した。

二世2年(紀元前208年)11月、章邯に何度も敗北し、周文は自殺した。楚軍は大きな打撃を受けた。

田臧は、(同僚と)ともに謀って話した。「周章(周文)の軍はすでに敗れてしまい、秦の兵は昼夕にでも来るだろう。我々が滎陽城を囲んで落城できないままで、秦軍が来てしまえば、必ず大敗するだろう。兵を少しだけ残して、滎陽(の近くの陣営)を守れるぐらいにして、全ての精兵で秦軍を迎撃するのがいい。(しかし)、仮王(呉広)は驕慢であり、また、兵略や権謀術数を知らない。(だから)ともに計略を練ることはできない。殺さなければ、恐らくは事は失敗に終わるだろう。」

そこで、田臧は(同僚と)一緒になって王(陳勝)の命令を偽り、呉広を誅殺した。呉広の首は陳勝に献じた。陳勝は(やむなく)使者を遣わして、田臧を令尹(楚の宰相)に任ずる印綬を賜い、上将に任じた。田臧は李帰ら諸将に滎陽城(の近くの陣営)を守らせて、精兵で西に進み、敖倉において秦軍を迎撃して戦った。田臧の軍は敗れ、田臧は戦死した。秦軍を率いた章邯は兵を進めて、滎陽の付近で李帰らを攻撃して破り、李帰らも戦死した。

同年12月、陳勝も秦軍に敗れ、部下の荘賈に裏切られ殺された。

史料 編集

脚注 編集

  1. ^ 以下、特に注釈がない部分は、『史記』秦楚之際月表第四・秦陳渉世家による。
  2. ^ 年号は『史記』秦楚之際月表第四による。西暦でも表しているが、この時の暦は10月を年の初めにしているため、注意を要する。まだ、秦代では正月を端月とする。