越前松平家

日本の氏族、江戸時代の徳川御家門の一つ

越前松平家(えちぜんまつだいらけ)は、越前国を発祥とする松平氏の支流で、徳川御家門のひとつ。単に越前家ともいう。越前松平家または越前家という呼称は、徳川家康の次男・結城秀康を家祖とする一門全体を指す場合と、その領地の場所から福井松平家(福井藩)のみを指す場合とがある。幕末の福井藩主と津山藩主は徳川将軍家から養子を迎えたため、御家門筆頭とほぼ同等の扱いを受けた。維新後越前松平家からは侯爵に叙された旧福井藩主家を筆頭に10家が華族に列した。

越前松平家
家紋
丸に三葵
Japanese Crest mitu Tomoe Old design.svg
結城巴(前橋松平家)
本姓 称・清和源氏
家祖 結城秀康
種別 武家
華族侯爵)-福井
華族(伯爵)-松江
華族(伯爵)-前橋
華族(子爵)-津山
華族(子爵)-明石
華族(子爵)糸魚川
華族(子爵)-広瀬
華族(子爵)-母里
華族(子爵)-慶民
華族(男爵)-
出身地 越前国足羽郡北ノ庄
主な根拠地 越前国
美作国
出雲国
著名な人物 松平忠直
松平光長
松平治郷
松平春嶽
松平慶民
松平永芳
凡例 / Category:日本の氏族

歴史編集

家祖の秀康は、長兄信康自刃ののちは家康の庶長子であったが、はじめ豊臣秀吉の養子となって徳川家を離れ、のちに下総結城氏を継いだこともあって、徳川家の家督および将軍職の後継者に選ばれなかった。関ヶ原の戦いののち越前国北ノ庄(福井)に67万石、またそれまでどおり下総国結城郡も与えられた。これにより秀康の石高は75万石となった。晩年、名乗りを結城から「松平」に戻し(史実として立証されている保科正之と同視された上で、秀康は最期まで結城姓のままであったという説もあり、また「徳川」を名乗ったとする説もある)、これにより越前松平家が成立する。「家康は秀康が重篤と知るや、100万石の朱印状を出したが、秀康死去となり幻のものになった」という俗談も残っている[注釈 1]

越前藩は長男の忠直が継いだが、将軍家に反抗的であるなどの理由で、叔父で岳父でもある第2代将軍秀忠によって、元和9年(1623年)に豊後国に配流された。秀康以来の重臣本多富正や、多賀谷村広土屋忠次矢野宗喜雪吹重英らをはじめとする家臣団は、幕命で弟の忠昌越後国高田から移動した際に継承した。ただし忠直の附家老であった丸岡本多家本多成重は独立した大名となり将軍家に直属し、弟の直政直基直良への分封および越前敦賀郡の没収により、忠昌が入った福井藩は忠直時代から大幅に縮小し50万石となった。以後25万石への減封などを重ねながら幕末へと至る(廃藩時は32万石)。ただし直基流松平家・一橋家田安家から養子を迎えたため忠昌の血筋は宗昌の代で断絶している。

一方、忠直の嫡男光長に対しては、忠昌が支配していた越後高田の地に25万石(26万石とも)が与えられた。しかし越後騒動が勃発すると改易となり、光長は配流処分となった。数年後、光長家の継嗣として、支流の直基流松平家より養子として宣富(直基の孫)が迎えられ、宣富に対して美作国津山に10万石が与えられた。以後、将軍家から養子を迎えるなどしつつ、紆余曲折を経ながらも幕末まで続いた。

明治維新後、それぞれの越前松平家の大名家は知藩事を経て1871年(明治4年)の廃藩置県まで務めた。1884年(明治17年)の華族令施行により旧中藩知事(現米5万石以上15万石未満)である旧福井藩(現米11万1010石[1])の松平茂昭、旧松江藩(現米14万5340石[1]松平直亮、旧前橋藩(現米5万4450石[1])の松平基則の3人が伯爵に叙された。このうち茂昭は父慶永(春嶽)の維新の功によって1888年(明治21年)に侯爵に陞爵した[2]。旧小藩知事(現米5万石未満)の旧津山藩(現米4万3120石[3])の松平康民、旧明石藩(現米4万3470石[3])の松平直徳、旧糸魚川(清崎)藩(現米5520石[3])の松平直静、旧広瀬藩(現米1万4390石[3])の松平直平、旧母里藩(現米5340石[3])の松平直哉の5人は子爵に列した[4]

茂昭の侯爵への陞爵をめぐっては同家の旧臣らの陞爵運動があり、春嶽の維新の功と旧幕時代の家格を考慮して伯爵から侯爵に陞爵あるよう請願書が出され、これが認められたものだった[5]。口添えを依頼された勝海舟から伊藤博文に、伊藤博文から三条実美に口添えがあって実現した[6]。一方津山松平家の松平康民子爵も伯爵への陞爵運動を熱心に行い、同家が旧幕時代に福井松平家と同格だったことや維新にも功があったことを主張し、明治から大正にかけてたびたび陞爵請願を出したが、こちらは不許可に終わっており、子爵家のままだった[7]

旧大名家以外の越前松平家からも叙爵された者が出ている。福井松平の分家松平慶民(春嶽五男)は1906年(明治39年)に子爵に叙されている[8]。華族分家は通常男爵であり、子爵に叙されるのは異例である。また津山松平の分家の松平斉も1888年(明治21年)に男爵に叙された[4]。また旧福井藩重臣で会津征伐において戦功をあげ、明治以降宮城県知事熊本県知事内務次官貴族院勅撰議員などを歴任した松平正直長沢松平氏)も勲功により1900年(明治33年)に男爵に叙されている[5]

越前松平家の分枝編集

  • 越前松平家は分家が多く、越前松平家の大名は秀康の諸子から兄弟順に津山松平家福井松平家松江松平家前橋松平家明石松平家の五家が分かれ、さらに福井藩から糸魚川藩、松江藩から広瀬藩母里藩が分かれ、合計で8家を数える。これらは後世便宜上、幕末期の各家の主な領地所在地の名称で分類され、本記事でも以下でその名称を用いる。
  • 大名として独立しなかった庶家は、秀康の生母長勝院の苗字である永見氏を名乗った。

秀康の諸子から出た家(兄弟順)編集

福井藩の支藩編集

松江藩の支藩編集

明治以降の分家編集

  • 松平慶民子爵家(福井松平侯爵家分家)
  • 松平斉男爵家(津山松平子爵家分家)

系図編集

凡例:太字は当主、実線は実子、点線は養子。数字は代数を表す。家ごとの系譜は秀康の息子の代の兄弟順に掲載する。
秀康1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠直2忠昌直政直基直良
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
津山家福井家松江家前橋家明石家

津山松平家編集

福井松平家編集

松江松平家編集

前橋松平家(結城家)編集

初代の直基は結城晴朝に養育され、父秀康と他の兄弟が松平氏に復縁したため、養祖父から下総結城氏の家督(名跡)を継承した。しかし祖父の死後に松平氏を称した(家紋は結城氏のものを継承)。最終的に前橋藩主として明治時代を迎えたが、江戸時代の間に姫路藩山形藩白河藩川越藩など何度も転封を繰り返しており、第2代当主の直矩のように一代で何度も転封させられた者もいる。なお、歴代当主は大和守を称した者が多い。それらのことから、同家系は結城松平家もしくは松平大和守家と称される。

明石松平家編集

糸魚川松平家編集

広瀬松平家編集

母里松平家編集


宗家論争編集

福井松平と津山松平の間には越前松平宗家をめぐる論争が江戸時代からあった。結城秀康の長男の系統であるという「名」で宗家を主張する津山と、秀康系の中で最大の表高を持つという「実」で宗家を主張する福井の争いだった[9]。決着はつかず、寛保年間に幕臣の菊池弥文が諸侯格付けをまとめた『柳営秘鑑』は福井家を「本家」、津山家を「嫡家」とする曖昧な表現をしている[10]。一方官位や江戸城内における殿席では福井の方がやや上級扱いされていた[10]

しかし結局福井と津山の宗家論争は明確な答えのないまま明治維新を迎えた。維新後1884年(明治17年)までは福井も津山も同じ華族として家格の上下なく一つにまとめられていたことから宗家争いは無益になり、いったんは収束した[10]

しかし1884年(明治17年)の華族令施行により華族に五爵制が導入され、福井(伯爵→侯爵)と津山(子爵)の間に明確な家格差が付けられたことでこの論争が再燃した。特に1888年(明治21年)に福井松平が侯爵に陞爵した後に津山松平が熱心に陞爵運動を行うようになった[10]東久世通禧書簡の中に「故確堂家 越前本家にて伯爵之事」という一文があり、津山が越前松平の「本家」であることを理由にして伯爵陞爵運動をやっていたことが確認できる[10]。津山の松平康民子爵の伯爵陞爵請願は明治から大正にかけて実に8回に及ぶが、いずれも不許可に終わっている[11]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 越後騒動直前(1681年時点)で見ると、越前松平家一門の合計総石高は100万石を超えていたが、幕末時点では90万石余でわずかに届かない状態である。

出典編集

  1. ^ a b c 浅見雅男 1994, p. 123.
  2. ^ 小田部雄次 2006, p. 326.
  3. ^ a b c d e 浅見雅男 1994, p. 150.
  4. ^ a b 小田部雄次 2006, p. 337.
  5. ^ a b 松田敬之 2015, p. 689.
  6. ^ 浅見雅男 1994, p. 228-239.
  7. ^ 松田敬之 2015, p. 691-694.
  8. ^ 小田部雄次 2006, p. 355.
  9. ^ 浅見雅男 1994, p. 250.
  10. ^ a b c d e 浅見雅男 1994, p. 251.
  11. ^ 松田敬之 2015, p. 691.

菩提寺編集

参考文献編集

  • 浅見雅男 『華族誕生 名誉と体面の明治』リブロポート、1994年(平成6年)。 
  • 小田部雄次 『華族 近代日本貴族の虚像と実像』中央公論新社中公新書1836〉、2006年(平成18年)。ISBN 978-4121018366 
  • 黒田基樹「制外の家-越前松平家の実像」(初出:『歴史読本』730号(新人物往来社、2000年)/所収:黒田『近世初期大名の身分秩序と文書』(戎光祥出版、2017年) ISBN 978-4-86403-230-8
  • 松田敬之 『〈華族爵位〉請願人名辞典』吉川弘文館、2015年(平成27年)。ISBN 978-4642014724 

関連項目編集