メインメニューを開く

甲斐 説宗(かい せっしゅう、1938年11月15日 - 1978年10月31日)は、日本現代音楽作曲家兵庫県三田町(現在の三田市)出身。

甲斐 説宗
生誕 (1938-11-15) 1938年11月15日
出身地 日本の旗 日本兵庫県
死没 (1978-10-31) 1978年10月31日(39歳没)
学歴 東京藝術大学
ジャンル クラシック音楽
職業 作曲家

略歴編集

東京藝術大学作曲科で長谷川良夫に師事。卒業後、当時の西ドイツベルリン音楽大学で主にボリス・ブラッハーヨーゼフ・ルーファーに師事。ブラッハーと合作をするほどの仲のよさであった。ジェルジ・リゲティのレッスンも受けた。後に東京学芸大学で教え、嶋津武仁井上郷子などの優れた後進を指導した。1969年ヴィオッティ国際音楽コンクール入賞。1970年ベルリン国際作曲コンクール入賞。

寡作ながらも評価の高い作品を作り続けたが、1978年心不全及び甲状腺癌の肺転移により39歳で世を去る。哲学者の市川浩はその死を悼み、エッセイ「あまりにも早きねむり‐甲斐説宗追悼‐」を著した[1]

作風編集

帰国後は、リゲティやグレツキからの影響を昇華した独自の作風を展開し、「簡素な初期設定を耳で追える楽しみ」を追求した。原田力男のように絶賛するプロデューサーにも恵まれ、また良き理解者や演奏家にも助けられた。「三人のマリンバ奏者のための音楽」(1975年 - 1977年)や「五人の奏者のための音楽」(1970/1971年)、「ピアノのための音楽 I 」(1974年)など、楽器編成をそのままタイトルとした作品が多い。また、鈴木昭男考案の創作楽器「アナラポス」のために、「アナラポスのためのインターアクティヴィティ」(1977年)を作曲している。テープ音楽にも理解を示し、簡素な素材の変形だけの「テープのための音楽」を作曲した。

晩年は小節線を廃した「ヴァイオリンとチェロのための音楽 II」(1975年 - 1976年)や四分音符と四分休符のみで作曲された「ヴァイオリンとピアノのための音楽 II」(1978年)などに見られるように、切り詰められたストイックな境地に到達した。弟子のピアニスト井上郷子によると、最晩年には「庭で植木にポッチン、ポッチン、ハサミを入れる庭師の仕事のような、そういうふうな作曲ができればなあ」と語っていたという[2]。事実、ほとんどの作品に改訂が施されている。

フル・オーケストラ作品は習作以外残されることがなかったが、創作ノートには完成させる意向の作品プランが記されていた。未完に終わった「コントラバスとピアノのための音楽」は川島素晴が補筆し完成させた。

家族・親族編集

脚注編集

  1. ^ 『現代芸術の地平』岩波書店、1985年所収。
  2. ^ CD(hat[now]ART 103)の解説より。