申用漑

1463-1519, 李氏朝鮮前期の文臣、政治家と儒学者、哲学者

申 用漑(シン・ヨンゲ、しん ようがい、ハングル: 신용개天順7年10月5日1463年11月15日) - 正徳14年10月3日1519年10月25日))は、李氏朝鮮前期の文臣・政治家儒学者哲学者。初名は白岳。字は漑之白岳纔踰、号は二楽亭松渓休休子睡翁。諡号は文景本貫は高霊申氏。世祖代の権臣申叔舟の子の申㴐の子である[1][2]

申用漑
各種表記
ハングル 신용개
漢字 申用漑
発音: シン・ヨンゲ
日本語読み: しん ようがい
ローマ字 Shin Yong-gae
テンプレートを表示

経歴・業績編集

申叔舟鄭孝恒金宗直の門下で性理学の修学し、1488年文科に及第して三司の主な官職を歴任した。1498年彼は戊午士禍で投獄されたが釈放され直提学と都承旨を過ごし、1504年甲子士禍に巻き込まれ、全羅南道霊光郡に流刑された[3]1506年中宗反正以後の釈放されたし1507年にはに入朝、中宗の冊封有名に受けてきた功労で原従功臣となった。以降、大提学と吏曹判書、礼曹判書、右賛成などを経て、1516年右議政[4]1518年左議政を務めた[3]

彼は勲旧派だったが、金宗直の門人がされ士林派に転向した。士だったが、弓術と乗馬、槍投げにあまねく精通している。彼は中宗が許さなかったし、病気で死んだ。

著作編集

  • 『二楽亭集』
  • 『続東文選』
  • 『続三綱行実図』

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 申用漑 (朝鮮語)
  2. ^ [이덕일 사랑] 부자정승(父子政丞) 조선일보 2008.09.26 (朝鮮語)
  3. ^ a b 申用漑 (朝鮮語)
  4. ^ 李氏朝鮮時代の副首相のひとつ

関連項目編集

外部リンク編集