線路手前左側空地:畑新田駅跡、手前:大泉7号踏切

畑新田駅(はたしんでんえき)は、三重県いなべ市員弁町畑新田にあった近畿日本鉄道北勢線三重交通時代の1944年(昭和19年)7月1日に休止となり、1969年(昭和44年)5月15日に廃駅となった。単式1面1線の無人駅であった。休止後駅ホームは撤去され、駅があった名残はない。

歴史編集

  • 1914年(大正3年)4月5日 北勢鉄道の駅として開業。
  • 1934年(昭和9年)6月27日 社名変更により北勢電気鉄道の駅となる。
  • 1944年(昭和19年)
    • 2月11日 会社合併により、三重交通の駅となる。
    • 7月1日 休止(電力事情の悪化等による) 。
  • 1965年(昭和40年)4月1日 近畿日本鉄道が三重電気鉄道を合併する。
  • 1969年(昭和44年)5月15日 廃止。

隣の駅編集

三岐鉄道
北勢線
長宮駅(現廃止) - 畑新田駅 - 楚原駅

関連項目編集