メインメニューを開く

畑時能

江戸時代に描かれた畑時能のイメージ。『太平記』には、時能が犬「犬獅子」と「所大夫房快舜」、「悪八郎」の二人の従者とともに足利氏の砦を陥とす物語がある[1]歌川国芳「武勇見立十二支・畑六良左エ門」

畑 時能(はた ときよし、正安元年9月15日[2]1299年10月10日) - 興国2年/暦応4年(1341年))は南北朝時代南朝方の武将。六郎左衛門。畑胤時の次男。母は久納養哲娘。子に時純[3]、或いは能速[4]。兄に時継新田義貞の側近で、後代に新田四天王の一人に数えられた。

畑氏の出自は『姓氏家系大辞典』では秦氏、『苗字尽略解』では多治比氏とされるなど諸説ある。

目次

生涯編集

武蔵秩父郡出身。義貞に従って各地を転戦し、延元3年/建武5年(1338年)、義貞が藤島の戦い平泉寺勢力に敗死すると、義貞の弟脇屋義助に従い、坂井郡黒丸城、千手寺城、鷹栖城を転戦、足利方の斯波高経と激戦を繰り返したが、ついには追い詰められ、鷲ヶ岳に郎党16騎で立て籠った。高経は、平泉寺が再び南朝に味方したと勘違いし、伊知地(現福井県勝山市伊知地)へ3千の軍勢を差し向けた。興国2年/暦応4年(1341年)10月22日、斯波勢へ突撃した時能は数時間に及ぶ激闘の末、肩口に矢を受け、三日間苦しんだ後に亡くなったという。

現在、合戦のあった場所は「伊知地古戦場」として勝山市指定史跡となっており、「畑ヶ塚」が立っている。

注釈編集

  1. ^ 勝山物語(畑時能物語)
  2. ^ 『畑時能の古戦場を偲ぶ』
  3. ^ 「妙心寺史」
  4. ^ 「丹波志」

参考文献編集

  • 『畑時能の古戦場を偲ぶ』(畑時能公遺徳顕彰会 1982年)
  • 『妙心寺史』
  • 『丹波志』
  • 太平記』(巻二十二 畑六郎左衛門事)

登場作品編集

小説編集