メインメニューを開く

畢 万(ひつ まん、生没年不詳)は、中国春秋時代武将武公献公に仕えた。(後に封地名から)、芒季の父、魏犨の祖父。戦国七雄の祖。

生涯編集

周王朝文王の庶子とする畢公高の直系の子孫だが、故国の衰退に伴い、一族郎党を率いて当時隆盛にあった晋の分家・曲沃の当主である称(後に本家を滅ぼし晋の武公)に仕官し、太子の詭諸(後の献公)付きの武官となる。その時に曲沃の卜官の郭偃から「あなたの子孫は必ず強大になる」との予言を受ける。

その後、献公が紀元前661年に上下二軍を設置した時に、献公の車右に抜擢される。同年に献公が魏を滅ぼした際に、その武功により同地を封地として与えられた。そこから畢万は魏万とも呼ばれるようになり、子孫は魏氏を名乗るようになる。

畢万の没後、孫の魏犨が文公の重臣となってから、魏氏は郭偃の予言通り強大になっていき、ついには晋から魏王国を独立させ、戦国七雄の一角を担うようになるのである。