メインメニューを開く

番付上位者優勝制度(ばんづけじょういしゃゆうしょうせいど)は、大相撲1909年6月場所で最優秀成績者への優勝掲額制度が発足してから、1947年6月場所で優勝決定戦制度が導入されるまで実施されていた制度で、同点での最高成績者が複数人いた場合にはその場所の番付でより上位にいた者を優勝とするもの。

概要編集

同成績(勝ち星から負け星を引いた数が同じ状況)であるなら、上位の地位で取っていた力士の方がそれだけ強い相手と対戦しているはずなので、それだけ価値が高いとする考え方に基づく。また優勝制度発足以前の場所に遡って優勝相当成績の回数などを数える場合にも、この制度にあてはめて算出することが通例になっている。

なお、幕下以下では、1950年1月場所から1956年1月場所までは、優勝決定戦は行われず、この制度が採用されていた。

この制度下で幕内最高優勝を逃した力士編集

場所 四股名 地位 成績
優勝力士
(地位・成績)
備考
1916年
1月場所
源氏山大五郎 東前頭13 9勝1敗 2代西ノ海嘉治郎
 • 東大関
 • 8勝1分1休
源氏山はのちの3代西ノ海で、この場所新入幕。2代西ノ海の1休は相手力士休場
1917年
5月場所
大潮又吉 西前頭13 9勝1預 栃木山守也
 • 西大関
 • 9勝1預
1920年
5月場所
栃木山守也 西張出横綱 8勝1分1預 大錦卯一郎
 • 西横綱
 • 9勝1敗
1923年
1月場所
源氏山大五郎 西大関 8勝1敗1分 栃木山守也
 • 東張出横綱
 • 8勝1敗1分
栃木山と千秋楽1敗同士で対戦、勝てば優勝だったが引き分ける。
1925年
5月場所
出羽ヶ嶽文治郎 西前頭2 9勝2敗 3代西ノ海嘉治郎
 • 東横綱
 • 9勝2敗
1926年
5月場所
錦洋与三郎 西前頭12 10勝1敗 大蛇山酉之助
 • 西前頭8
 • 10勝1敗
1927年
10月場所
能代潟錦作 西大関 10勝1敗 常ノ花寛市
 • 東横綱
 • 10勝1敗
常ノ花には不戦勝1あり。
1928年
1月場所
三杉磯善七 西前頭13 10勝1敗 常陸岩英太郎
 • 東大関
 • 10勝1敗
常陸岩には不戦勝1があり、この扱いをめぐって紛糾した末三杉磯にも優勝額が贈呈されている。
1928年
10月場所
常ノ花寛市 西横綱 9勝2敗 宮城山福松
 • 東横綱
 • 9勝2敗
直接対戦は優勝決定後。能代潟には勝利。
能代潟錦作 東張出大関 9勝2敗 10日目常ノ花に敗れたことで、宮城山の優勝決定。
1929年
3月場所
玉錦三右エ門 東関脇 9勝2敗 豊國福馬
 • 西大関
 • 9勝2敗
不戦勝1あり。男女ノ川にも勝利。
男女ノ川共三郎 西前頭4 9勝2敗 玉錦には敗戦。
1929年
9月場所
宮城山福松 西横綱 8勝3敗 常ノ花寛市
 • 東横綱
 • 8勝3敗
直接対戦は優勝決定後。豊國・朝潮とは対戦なし。
豊國福馬 西大関 8勝3敗 直接対戦は優勝決定後。宮城山・朝潮とは対戦なし。
朝潮共三郎 西前頭2 8勝3敗 もと男女ノ川。宮城山・豊國とは対戦なし。
1930年
1月場所
玉錦三右エ門 東関脇 9勝2敗 豊國福馬
 • 西大関
 • 9勝2敗
武藏山とは対戦なし。
武藏山武 東前頭2 9勝2敗 玉錦とは対戦なし。
1930年
3月場所
天竜三郎 東前頭1 10勝1敗 常ノ花寛市
 • 東横綱
 • 10勝1敗
1930年
10月場所
武藏山武 東小結 9勝2敗 玉錦三右エ門
 • 西張出大関
 • 9勝2敗
朝潮・清水川には勝利。
朝潮共三郎 西前頭1 9勝2敗 武蔵山に敗戦、清水川とは対戦なし。
清水川元吉 西前頭3 9勝2敗 武蔵山に敗戦、朝潮とは対戦なし。
1931年
1月場所
朝潮共三郎 東関脇 9勝2敗 玉錦三右エ門
 • 東大関
 • 9勝2敗
不戦勝1あり。鏡岩とも対戦なし。
鏡岩善四郎 東前頭14 9勝2敗 朝潮とも対戦なし。
1931年
3月場所
武藏山武 西小結 10勝1敗 玉錦三右エ門
 • 東大関
 • 10勝1敗
千秋楽に玉錦と全勝と1敗で対戦、勝つか引き分けで優勝の一番に敗れる。
1931年
5月場所
清水川元吉 西前頭3 10勝1敗 武藏山武
 • 東小結
 • 10勝1敗
1932年
5月場所
清水川元吉 東張出大関 10勝1敗 玉錦三右エ門
 • 東大関
 • 10勝1敗
1932年
10月場所
沖ツ海福雄 東関脇 9勝2敗 清水川元吉
 • 東張出大関
 • 9勝2敗
高登に敗戦、瓊ノ浦とは対戦なし。
高登渉 西前頭1 9勝2敗 沖ツ海には勝利、瓊ノ浦とは対戦なし。
瓊ノ浦勇雄 西前頭6 9勝2敗 沖ツ海・高登とも対戦なし。
1933年
5月場所
宝川政治 西前頭14 10勝1敗 玉錦三右エ門
 • 東横綱
 • 10勝1敗
1935年
1月場所
鏡岩善四郎 東前頭8 10勝1敗 玉錦三右エ門
 • 東横綱
 • 10勝1敗
1941年
1月場所
羽黒山政司 西大関 14勝1敗 双葉山定次
 • 西横綱
 • 14勝1敗
1942年
5月場所
安藝ノ海節男 西大関 13勝2敗 双葉山定次
 • 東横綱
 • 13勝2敗
千秋楽、双葉山と1敗と2敗で対戦、勝つか引き分けで優勝の一番に敗れる。照國とは対戦なし。
照國萬藏 西張出大関 13勝2敗 13日目に優勝可能性消滅、双葉山との直接対戦は14日目。安藝ノ海とは対戦なし。
1944年
11月場所
東富士欽壹 西関脇 9勝1敗 前田山英五郎
 • 西大関
 • 9勝1敗
若瀬川泰二 西前頭14 9勝1敗
1945年
11月場所
千代ノ山昌治 東前頭10 10戦全勝 羽黒山政司
 • 西横綱
 • 10戦全勝
この場所新入幕。全勝・土つかずで優勝を逃した最後の例。
  • 対戦は優勝者との直接対戦。空欄は対戦なし。

関連項目編集