異安心

異安心(いあんじん)とは、仏教各派において、正統とは異なった教義を指す語[1][2][3][4]。とくに浄土真宗において用いられる[1][2][3][4]

浄土真宗においては、宗祖・親鸞が説いた「安心(あんじん)」とは異なると見なされた[5][4]異端的な[3][4]信仰、または信仰者が「異安心」として排斥の対象となった。同様の語に、異流[2]、異義[2]、異計[2]、邪義[2]などがある。

目次

浄土真宗における異安心編集

歴史編集

浄土真宗においては、親鸞在世中からすでに門下にさまざまな論争・異義が生じていた[2][4]。本願寺を開創した覚如は、佛光寺系(真宗佛光寺派)が説いた「知識帰命」や、唯善の「無宿善往生」の教義を異安心として批判した[2]

蓮如が生きた15世紀頃には、異安心と見なされる集団が多く現れた[4][5]。たとえば、秘事法門[4]一益法門[4]施物頼み[4]などである。

1763年から発生した西本願寺(浄土真宗本願寺派)の三業惑乱は、異安心の事件として知られている[4]

近代においては、親鸞の思想の新しい解釈の試み(近代教学)に対して、伝統的教団の立場から、しばしば異安心という批判と排斥が加えられた[6]

異安心と見做された人々・団体編集

  • 秘事法門
  • 清沢満之
  • 金子大栄 - 1928年に著書『浄土の観念』が異安心とされて大谷大学教授を追われ、さらに真宗大谷派僧籍を剥奪される[6]
  • 曽我量深 - 1930年3月、『如来表現の範疇としての三心観』における主張が、異安心とされ問題となり、事実上追放の形で、大谷大学教授を辞任する。(しかし、その後も自説を堅持する。)
  • 暁烏敏 - 1911年(明治44年)、その熱い情熱から異安心(浄土真宗における異端)扱いを受ける。
  • 浄土真宗親鸞会 - 東西本願寺教団とお互いに異安心としている。

異安心の研究者編集

  • 大原性実、「真宗異義異安心の研究」の著書がある。要約http://www.geocities.jp/choumyouji/iannjinn.html

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b 異安心”. デジタル大辞泉(コトバンク所収). 2016年9月30日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 異安心”. 世界大百科事典 第2版(コトバンク所収). 2016年9月30日閲覧。
  3. ^ a b c 異安心”. 大辞林 第三版(コトバンク所収). 2016年9月30日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j 松野純孝. “異安心”. 日本大百科全書(ニッポニカ)(コトバンク所収). 2016年9月30日閲覧。
  5. ^ a b 異安心”. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典(コトバンク所収). 2016年9月30日閲覧。
  6. ^ a b 龍渓章雄 (PDF). 金子大栄著「浄土の観念」の一考察. https://www.jstage.jst.go.jp/article/ibk1952/32/1/32_1_152/_pdf 2016年9月30日閲覧。.