メインメニューを開く

疑問名(ぎもんめい)は、国際動物命名規約において、不明または疑わしい生物に用いられている学名のことである。

動物学編集

ある標本が疑問名である場合、その標本が何のグループに属するか同定することは不可能になる可能性がある。このような事例は元のホロタイプ、アイソタイプ、シンタイプ、パラタイプといったタイプシリーズの標本が失われた場合に発生することがあり、この場合には新基準標本(ネオタイプ)を選定することが可能である。

命名に用いられた標本が断片的であるか、あるいは同定に重要な部位を欠いている場合にも、その生物の名前は疑問名となる可能性がある。これは化石種によく見られる事例である。名前の安定性を維持するため、動物命名法国際審議会は新たなホロタイプまたはネオタイプの選定を許可している。

75.5. 命名を受けた確認不能な標本のネオタイプでの差し替え. 著者が名目上の種集団分類群の固有性が名前を持つ実在するタイプから定義され得ないとき, そしてそれによって安定性と普遍性が脅かされる場合, 著者は名前持つ実在するタイプの全体の権力[Art. 81]の下で標本の名前の破棄を審議会に要求しネオタイプを選定できる.[1]

例えば、1885年リチャード・ライデッカーが命名したワニに似た主竜類 Parasuchus hislopi は吻部の一部に基づいて命名されたが、これは近縁な生物からパラスクスを区別するのに不十分であった。従って Parasuchus hislopi は疑問名とされた。完全な骨格を新たなタイプ標本にするべきであると2001年に古生物学者が提案し[2]、動物命名法国際審議会はこれを検討、2003年にオリジナルの模式標本をネオタイプに差し替えることに賛同した[3]

出典編集