メインメニューを開く

癒されBar若本は、声優若本規夫パーソナリティを務めたインターネットラジオ番組(アニラジ) である。

癒されBar若本
インターネットラジオ
配信期間 2007年10月12日 - 2008年12月26日
配信サイト 番組サイト
配信日 毎月第2・第4金曜日
配信回数 29
配信形式 MP3ダウンロード
スタジオ Two-Face
パーソナリティ 若本規夫
三好りえ
アシスタント 毎回変更
提供 株式会社infini brain
テンプレート - ノート

2007年10月12日に第0回、11月9日に第1回を配信、2008年12月26日に最終回(第28回)を配信しいったん終了した。

2009年1月9日から2010年8月15日まで『癒されBar若本シーズンZwei』(シーズン2)が、2011年8月3日から『癒されBar若本~風のワンダラー~』(シーズン3)が配信。

目次

概要編集

セル上の貴公子、マスター若本(セルジオ若本)とピンキー[1]によって、リスナーを癒してしまおうという番組。毎回ゲストにはお酒が振舞われ、ゲストとのトークを繰り広げる。パーソナリティの若本は男子禁制[2]のラジオとしている。通常のインターネットラジオとは違う放送形態をとっており、リスナーはホームページからmp3形式のファイルが含まれた圧縮ファイルをダウンロードして聴取する。カフェ&バー『Two-Face』を録音場所としており、アシスタントパーソナリティである三好りえがアンドロイド・バーテンダーと呼ばれるのは、この店の従業員がDOLLと呼ばれることに起因している。

配信時間編集

(2008年5月時点)

インターネット 00:00~24:00[3]

第0回は2007年10月12日配信開始、約25分。第1回からは2007年11月から毎月第2・第4金曜日に更新、約40~50分。

スタッフ編集

製作編集

Beatniks

禁止事項編集

「○○の役の声をやってください」「○○のだれだれの真似をして下さい」という要望。若本曰く「仕事としてマイクの前に立つのであって余技としてそれをやるのはエチケット違反かな」とのこと。(第0回/10月12日)

コーナー編集

番組は大きく分けて3部構成である。

オープニング編集

若本の渋い言葉からはじまる。吉永小百合ネタが非常に多い。 アンドロイド・バーテンダー三好のスイッチを入れることにより、番組が始まる。回を追うごとにこの設定は忘れられて来ている。

コーナー編集

(2007年11月)

癒されカクテルおりじなる
第0回・第1回から奇数回。
リスナーやゲストから提供されたテーマを元にバーテンダー・三好りえことピンキーがオリジナルカクテルをつくるコーナー[4]
若本降臨!
第1回から。
リスナーからのお便りに書かれた、日々の生活の中で言ってしまった若本っぽい事を紹介するコーナー。たまに、若本がその言葉を若本っぽく読み上げてくれる。
ポエムトーク
第1回から。
リスナーから寄せられた詩を若本やゲストが読み上げる。
ふつおた
第1回から。
リスナーからのお便りを読み上げるコーナー。ゲストへの質問などが多い。若本曰く「ふつおたは苦手」だということ。
ラジオドラマ
第2回から偶数回・第13回。
マスター若本とゲストのミニラジオドラマで、現在は主に新旧の舞台作品の一部が演じられる。なお、この脚本も他のコーナー同様に募集を行なっている。

エンディング編集

ピンキーのスイッチをオフにした後、若本の語りで締めくくられる。

ゲスト編集

1ヶ月(2回)単位で同じゲストが登場する。

ゲスト
01,02 2007年11月09日・23日 白石涼子
03,04 2007年12月14日・28日 岡本麻弥飯塚康一
05,06 2008年01月11日・25日 桑谷夏子
07,08 2008年02月08日・22日 井上喜久子
09,10 2008年03月14日・28日 中島沙樹中村悠一
公録回 2008年03月29日 桑谷夏子 東京国際アニメフェア2008で公録
11,12 2008年04月11日・25日 恒松あゆみ下山吉光
13,14 2008年05月09日・23日 池田昌子 13回の初めで若本が声優業をやるきっかけを話した
15,16 2008年06月13日・27日 雪野五月
17,18 2008年07月11日・25日 植田佳奈
19,20 2008年08月08日・22日 福山潤 #19には「声優口演inしたコメ」宣伝のため羽佐間道夫も出演
21,22 2008年09月12日・26日 木村郁絵稲田徹
23,24 2008年10月10日・24日 かないみか
公録 2008年11月01日 ゆかな 癒されBar若本 in 大阪アニミックス
25,26 2008年11月14日・28日 水樹奈々
27,28 2008年12月12日・26日 小清水亜美福井裕佳梨

アシスタント編集

製作されたカクテル編集

価格は全て1,200円である。

  • 00 「wakamoto Cat's Eye」
  • 01 「ハヤテのごとく!ぶるぅぅうぅ」
  • 03 「オカヅカ-カクテル」
  • 05 「こつまなんきん」
  • 07 「クレメンタイン」
  • 09 「ストロング・ストロベリー・パワー」
  • #11 「シルキースキン」
  • #13 「オードリー」
  • #15 「ひぐらし鳴く」
  • #17 「カナカナ」
  • #19 「falling tears」
  • #21 「ラスボス」
  • #23 「ベーゼメカラッタ」
  • #25 「いとしのナナ」
  • #27 「モテオーラ」

DJCD編集

全て2枚組で1枚目がオーディオCD、2枚目がデータCD(MP3形式)

  • 「癒されBar若本 the CD vol.01」(2008年8月29日発売)
    1. 三好りえと若本規夫による歌+特別版ラジオ
    2. 0回から10回と公開録音『東京国際アニメフェア』を収録。
  • 「癒されBar若本 the CD vol.02」(2009年4月24日発売)(2009年6月14日に東京都中野区なかのzero「もみじ山文化センター」大ホールで行われる公開録音の応募券が同封)
    1. CDドラマ『誰知らず~戦国散華異聞~』・『鬼を呼ぶ』
    2. 11回から20回と公開録音『癒されBar若本 in 大阪アニミックス』を収録。
  • 「癒されBar若本 the CD vol.03」(2009年8月28日発売)(コミックマーケット76にて先行発売)
    1. Zweiパーソナリティによる歌+公開録音『癒されBar若本 in なかのzero』
    2. 21回から28回(およびZweiの29回から30回)までを収録。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 第0回の放送時から若本はアンドロイド・バーテンダー三好りえの事をこう呼ぶ。
  2. ^ 男性もゲストに来る回は、マスター若本が「男子禁制」と男性ゲストの入店を拒むのがお約束となっている。
  3. ^ 公式サイト上で「00:00-24:00 on air」と書かれている。
  4. ^ 製作されたカクテルは、収録が行なわれているバーTwo Faceで実際に飲むことが出来る。

関連項目編集

外部リンク編集