メインメニューを開く

白 南権(ペク・ナムグォン、白南權、백남권)は大韓民国軍人

白南権
生誕 1922年4月5日
大日本帝国の旗 日本統治下朝鮮慶尚南道咸陽郡
死没 (2011-02-14) 2011年2月14日(88歳没)
大韓民国の旗 大韓民国ソウル特別市
所属組織 大日本帝国陸軍
大韓民国陸軍
最終階級 少尉(日本陸軍)
准将(韓国陸軍)
墓所 国立大田顕忠院将軍第2墓域154号
テンプレートを表示

目次

経歴編集

1922年4月、慶尚南道咸陽郡に生まれる。1944年、日本大学商科を中退して学徒出陣

1946年3月15日付で軍事英語学校を卒業して少尉に任官(軍番10069番)[1]。第5連隊の創設に参加、A中隊長(中隊長:白善燁中尉)小隊長[2]。同年12月、第2連隊第3大隊長[3]。1948年5月1日、第10連隊長[4]。1949年5月25日、第5連隊長[5]。1950年3月、日本に渡り第1騎兵師団で研修を受ける[6]

朝鮮戦争が勃発すると帰国し、同年8月13日、首都師団機甲連隊長[7]。同年11月、首都師団副師団長。1951年5月、第3師団長。1952年10月、陸軍歩兵学校校長。

1954年、第21師団長。1956年10月、陸軍士官学校校長。1957年8月、第2訓練所長。1959年3月、第6管区司令官[8]

1962年、不正蓄財事件で懲役10年の判決が下された[9]

予備役編入後は仁川製鉄工業会社副社長。

叙勲編集

出典編集

  1. ^ 佐々木春隆 『朝鮮戦争/韓国編 上巻』、88頁。
  2. ^ 佐々木春隆 『朝鮮戦争/韓国編 上巻』、149頁。
  3. ^ 佐々木春隆 『朝鮮戦争/韓国編 上巻』、133頁。
  4. ^ 佐々木春隆 『朝鮮戦争/韓国編 上巻』、198頁。
  5. ^ 佐々木春隆 『朝鮮戦争/韓国編 上巻』、195頁。
  6. ^ 佐々木春隆 『朝鮮戦争/韓国編 中巻』、101頁。
  7. ^ 洛東江戦 防御作戦 (PDF)” (韓国語). 漆谷護国平和祈念館. pp. 350. 2016年8月17日閲覧。
  8. ^ 六管區司令官에 白南權少將” (韓国語). 国史編纂委員会. 2015年12月25日閲覧。
  9. ^ 白仁燁·嚴鴻燮에 無期 韓光錫 15年 白南權·楊國鎭 10年 어제「不正蓄財事件」求刑” (韓国語). 国史編纂委員会. 2015年12月25日閲覧。
  10. ^ Nam Kwon Paik”. Military Times. 2015年12月25日閲覧。
  11. ^ Paik Nam Kwan”. Military Times. 2015年12月25日閲覧。

参考編集

  • 佐々木春隆 『朝鮮戦争/韓国篇 上巻 建軍と戦争の勃発前まで』 原書房、1976年。
  • 白南權” (韓国語). 国立大田顕忠院. 2015年12月25日閲覧。
軍職
先代:
張昌国
  韓国陸軍士官学校校長
第13代:1956.10.8 - 1957.7.31
次代:
李翰林