メインメニューを開く

盧 載鉉(ノ・ジェヒョン、노재현1926年8月8日 - 2019年9月25日)は、大韓民国軍人。第16代韓国大統領盧武鉉とは無関係。

盧載鉉
노재현
生誕 (1926-08-08) 1926年8月8日
大日本帝国の旗 日本統治下朝鮮慶尚南道馬山
死没 (2019-09-25) 2019年9月25日(93歳没)
所属組織 Flag of the Republic of Korea Army.svg 大韓民国陸軍
最終階級 大将(韓国陸軍)
除隊後 国防部長官
テンプレートを表示

人物編集

1926年8月、慶尚南道馬山に生まれる。

第5連隊に入隊し、連隊長の推薦で警備士官学校第3期に入校。1947年4月に卒業して少尉に任官。

1949年2月、第10連隊(連隊長:白南権少領)配属砲兵中隊長として勤務中、北朝鮮軍の侵入に業を煮やした連隊長の命令で北朝鮮海軍派遣隊隊舎に105mm砲弾5発を命中させ、基土門里砲撃事件を起こす。

1949年5月、北朝鮮軍が開城北側に侵攻して松嶽山地区5・4戦闘が起こると砲兵大隊長であった盧大尉は55mm対戦車砲2個中隊を併せ指揮したが旧式の105mm榴弾砲では北朝鮮軍の掩蓋を破壊するに至らず、また砲兵大隊が創設されて間もない時で未熟であったので苦戦したという。

1950年6月、第6砲兵大隊長として第1師団(師団長:白善燁大領)と行をともにし、善戦の一因となる。同年7月下旬、第11砲兵大隊長として第3師団(師団長:李俊植准将)を支援した[1]

1952年9月、第2軍団砲兵団長として金城や白馬高地の戦闘に参加し、偉勲をたてた。

1954年、第25師団砲兵団長、第5師団砲兵団長を歴任。

1955年7月、第1軍団砲兵司令官。

1961年2月、第30師団長、任准将

1963年、第7師団長、任少将。陸軍本部監察監。

1964年8月、軍需基地司令官。

1965年、国防大学院修了。

1966年7月、第2軍団長。

1967年1月、任中将

1969年7月、参謀次長。

1972年6月、参謀総長、任大将。旧日本軍に所属したことのない初の参謀総長である。

1975年3月、合同参謀議長。

1977年12月、国防部長官。

出典編集

  1. ^ 佐々木春隆『朝鮮戦争/韓国編 下巻』、219頁。

参考文献編集

公職
先代:
徐鐘喆
  大韓民国国防部長官
第21代:1977.12.20 - 1979.12.14
次代:
周永福
軍職
先代:
徐鐘喆
  大韓民国陸軍参謀総長
第20代:1972.6.2 - 1975.2.28
次代:
李世鎬