メインメニューを開く
世界の白地図
正距方位図法の白地図(北欧中心)

白地図(はくちず)は、海岸線地域等の境界の輪郭を線で描いただけの地図地形等は一切表現されず、陸地ともに単色で表現される。

また、地図にはメルカトル図法のような様々な図法が存在するが、いかなる図法の地図であっても、海岸線等の輪郭線だけで表されている地図を白地図と呼ぶ。

用途に応じて利用者が追記、着色などして用いる。主に、学習用途や分布図の製作などに利用されることが多い。

白図(しろず)と呼ぶこともある。

関連項目編集

外部リンク編集