メインメニューを開く

白根 松介(しらね まつすけ、1886年明治19年)10月30日[1] - 1983年昭和58年)7月28日[1])は、日本の宮内官僚政治家華族貴族院男爵議員宮内次官

経歴編集

東京府内務官僚・白根専一の二男として生まれる[1]。父の死去に伴い1898年7月18日に男爵を襲爵[1][2]

東京高等師範学校附属中学校第六高等学校を経て、1911年7月、東京帝国大学法科大学政治学科を卒業[1]。同年8月、内務省に入省し神奈川県属となるが、1912年2月、依願免本官[1]1913年11月、文官高等試験行政科試験に合格[1][3]

1913年12月、逓信省為替貯金局書記に任官し、1914年7月、宮内省に転じ帝室会計審査官補に就任[1]。以後、大臣官房庶務課長、兼秘書課長、大臣官房総務課長、内匠頭内蔵頭などを歴任し、1936年5月、宮内次官に就任し、1945年6月まで在任した[1]

1945年10月、貴族院男爵議員に選出され、公正会に所属し1947年5月2日の貴族院廃止まで在任した[4]。その後、日本赤十字社常任理事を務めた[1]

栄典編集

親族編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j 『日本近現代人物履歴事典』274頁。
  2. ^ a b c 『平成新修旧華族家系大成』上巻、765頁。
  3. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』207頁。
  4. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』74頁。
  5. ^ 『官報』第5107号「叙任及辞令」1944年1月25日。
  6. ^ 『「家系図」と「お屋敷」で読み解く歴代総理大臣 明治・大正篇』竹内正浩、実業之日本社, 2017、「伊藤博文」の章

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。


日本の爵位
先代:
白根専一
男爵
白根(専一)家第2代
1898年 - 1947年
次代:
華族制度廃止