メインメニューを開く

白生地(しろきじ)は、和服の区分方法のひとつで、白糸で織った生地をそのまま反物にしたもの。
先染めあと染めのうち、後者に用いられる。
主な産地は、京都の北部、京丹後地方で織られる丹後ちりめん
又、滋賀県長浜市周辺で織られる浜ちりめんが有名であり、2大産地となっている。

用途編集

上述のようにあと染め着物等に用いられる。
無地染めや型染、インクジェットプリント、手描き友禅等あと染めの技法は多彩にある。

入手先編集

通常の着物の小売店では置いている事が少なく、取り寄せになることが多い。
京都市内には複数の白生地卸販売会社が存在する。

参考文献編集

  • 『和装正絹白生地』伊藤公一、関西衣生活研究会