メインメニューを開く

白虎社(びゃっこしゃ)はかつて存在した日本前衛舞踏集団[1]

目次

概要編集

1980年京都市で設立される。大駱駝艦に所属していた舞踏家の大須賀勇らを中心に、関西を拠点として活動。暗黒舞踏の系譜をひく舞踏によって日本のほかアジアやヨーロッパ、中南米をはじめ海外における公演活動などを展開、天児牛大の主宰する山海塾らとともに舞踏第二世代を形成した。1994年に解散[1]。「ひばりと寝ジャカ」(舞踊批評家協会賞)、「ミナカタクマクスのようなテレビジョン」、「ゾンネンシュターンの夏」などの演目があった。2016年にオープンした京都のKYOTO舞踏館で活動する今貂子(いま てんこ)は、白虎社の出身である[2]

出版物編集

  • 『白虎社的世界』白虎社、白虎社、京都市、1986年7月。

脚注編集

関連項目編集