メインメニューを開く

白馬の少女』(はくばのしょうじょ)は、わたなべまさこの漫画作品。『少女ブック』の1959年9月号〜1962年8月号にて連載された。単行本未収録。

ストーリー編集

赤松病院の院長夫妻に女児が誕生。みちると名付けられるが、生後間もなく誘拐されて行方知れずになる。赤松家の召使いの娘で子守の松子にも、みちると同じ日に生まれた妹・梅子がいたが、梅子が8歳の時、松子と梅子の父・豊は、貧しさから脱するために出奔。梅子は父を追って南の島ババハイ島へ辿り着く。そこで梅子はデージィと名乗る同い年の少女に助けられる。デージィは島に邸宅を持つ貴族チャイコフスキーの娘で、母はない。だがチャイコフスキーの実体は海賊のルンパンだった。梅子の父・豊は、海賊ルンパンの手下となっていた。

ある時チャイコフスキーこと海賊ルンパンは仕事のため、豊、梅子、デージィをつれて日本へ行く。デージィは、日本で赤松夫人の真理子と親しくなるが、父ルンパンの悪事を知って、豊と一緒にババハイ島へ帰る。しかし、デージィは重病になる。デージィは知らずにいるが、ルンパンが赤松家から誘拐して育てた娘みちるが、実はデージィだった。島へ戻ったルンパンは、病気のデージィを赤松家に返す決心をして、日本へ行き、自首する。実の両親と巡り会えてデージィの病気も治り、梅子とも仲良く赤松家で暮らしていたが、育ての親ルンパンが死刑になりそうで悲しい毎日。やがてルンパンはデージィに思いを残しながら脱獄。デージィはルンパンが恋しくても、優しい祖母や実母真理子にはそれが言えない。

やがて、デージィ、豊、梅子は、赤松家を離れて日本を出るが、船の遭難事故に遇い、豊、梅子は救出されて日本の赤松病院に入院。赤松家の人々は行方不明のデージィの身を案じるばかり。そのデージィは、船の事故の後、南の島ババハイ島へ流れ着いていたが、記憶喪失になっていた。しかし島の暮らしは心地よく、動物達もなついていて、白馬ツバサもデージィには可愛い愛馬だった。一方、赤松病院では、父と妹を見舞いに来た松子が、若い医師田口と親しくなるが、田口は、新薬製造のために必要な薬草を採りに、ババハイ島へ赴任することが決まる。

ふたたびデージィことみちると実母真理子の再会の機会がやって来た。ババハイ島の暮らしに戻ったチャイコフスキーこと海賊ルンパンは、記憶の戻らないままの娘デージィをつれて、仕事で日本へ来ていた。ある日赤松夫人真理子は、赤松院長の母(真理子の姑、みちるの祖母)が所有する牧場のある別荘地で、車の事故で負傷していた少女を助ける。みちるとよく似た少女だったが、彼女はデージィと名乗り、真理子とは初対面だと言う。信じきれなくて悲しむ真理子。みちるであることを忘れているデージィも、真理子に不思議な懐かしさを覚えるが、魅かれる理由がわからない。みちるが実母と暮らせる日は来るのだろうか? みちることデージィの慕う父はいつまで海賊ルンパンの仕事を続けるのか…?(以下略)

登場人物編集

  • 赤松みちる=デージィ・チャイコフスキー
  • 貴族チャイコフスキーこと海賊ルンパン
  • 赤松病院の院長
  • 赤松院長夫人・真理子
  • 赤松院長の母、牧場オーナー
  • 赤松家の召使い・松子
  • 松子の妹・梅子
  • 松子と梅子の父・豊
  • 赤松病院の医師・田口

メモ編集

  • 主要人物の設定と物語のプロットは『王女ミナ子』(1963年〜1964年『りぼん』連載)に受け継がれている。