メインメニューを開く

皆春院(かいしゅんいん、? - 天保14年5月10日1843年6月7日))は、江戸時代後期の女性で11代将軍・徳川家斉側室。俗名は八重。父は御三卿清水徳川家の家臣・牧野多門忠克。養父は土屋弥三郎知光

家斉との間に徳川斉明、盛姫(鍋島直正室)、池田斉衆松平斉民、信之進、喜代姫酒井忠学室)、松平斉良蜂須賀斉裕の6男2女がいる。

生涯編集

文化5年(1808年)頃に家斉の側室となった。側室となった当初は美尾と称したが、後に八重に名を改める。天保12年(1841年)に家斉が死去、八重は落飾して皆春院と号した。この折に剃髪を願い出たが許可されず、摘髪に留まっている。

また、家斉没後に与えられた大奥での位は上臈御年寄上座であるが、あくまで形式上のものと思われる。後に二の丸に移り、天保14年(1843年)5月10日にそこで死去した。