メインメニューを開く

皇甫 東朝(こうほ とうちょう[1]、生没年不詳[1])は、奈良時代貴族唐楽の演奏家として、称徳天皇に重用された[2]

皇甫東朝
各種表記
繁体字 皇甫東朝
簡体字 皇甫东朝
拼音 Huángfǔ Fōngcháo(Fōngzhāo)
和名表記: こうほ とうちょう
発音転記: フアンフー・フォンチャオ
テンプレートを表示

目次

生涯編集

の出身。開元24年 / 天平8年(736年)、第10次遣唐使と共に日本入り[1]。『続日本紀』には、天平8年(736年)8月に副使[3]中臣名代に引率されて「唐人三人、波斯人(ペルシア人)一人」が聖武天皇に謁見したという記載[4]と、同年11月に皇甫東朝と波斯人の李密翳らに位が授けられたという記載[5]がある。

皇甫東朝の日本入りについて、矢野建一は「日本における授戒制度の整備を図った普照といった僧侶によって、仏教儀礼に欠かせない楽の専門家として誘われたのではないか」という推測を行っている[3]

天平神護2年(766年)、称徳天皇が発願して主催した法華寺の舎利会で唐楽を奏したことが功績とされ、同じく演奏にあたった皇甫昇女と共に従五位下に叙せられた[1][3][6][注釈 1]。なお、皇甫東朝と皇甫昇女の関係については、夫婦、親娘、きょうだい(兄妹もしくは姉弟)、あるいは同姓であるだけで血縁関係はないと諸説があるが、はっきりしない[注釈 2]神護景雲元年(767年)に雅楽員外助兼花苑司正に任じられた[7]。唐楽や舞といった、宮廷儀礼を支える技能を指導する役割が期待されたものと見られる[3]。神護景雲3年(769年)に従五位上に昇る[8]

天平神護元年(765年)に称徳天皇の発願によって創建された西大寺にも関わっていたようであり[2]、2010年には西大寺旧境内の溝[注釈 3]から皇甫東朝の名を墨書した土器が発掘されたことが報告された[2][3][9]。この土器は、2009年に行われた調査で発掘された須恵器(つき)で[9]、半分欠けた杯の裏面に「皇浦(甫)」「東□〔朝ヵ〕」の文字が確認できた[9][注釈 4]。東朝と西大寺の関係を示す文献はないが、矢野建一は「仏教儀礼に不可欠な唐楽の伝授のため東朝が西大寺に通っていたのではないか」と推測している[3]。『続日本紀』には唐からの渡来者(技術者や僧侶などが中心)が60人ほど記載されている[2]が、平城京で活躍した外国出身者の名前が出土遺物で確認されたのは、これが初めてという[2]

称徳天皇死後の宝亀元年(770年)12月、越中に任じられた[1][10]。越中介は唐楽とは無関係の職であり、左遷と見なされることもある[2][3]。矢野建一は、東朝赴任の前後には従五位の官人が越中介に任じられていることを挙げ、晩年の東朝が演奏家から官人として歩み始めたとすれば位階相当であって、左遷には当たらないという見方を示している[3]

皇甫東朝と同様の唐出身の貴族である袁晋卿は清村宿禰李元環は清宗宿禰の賜姓を受けているが、皇甫東朝・皇甫昇女については『続日本紀』の記載では改賜姓が行われていない[3]。唐の皇甫氏が名族であることから、本人が改姓を肯んじなかったか、日本の朝廷にとって唐の名族を臣下に置く政治的効果を示す措置であったかという推測もあるが、理由ははっきりしない[3]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 唐出身の女性が従五位下に叙せられた事例としては他に、遣唐留学生大春日浄足の妻李自然の例がある[3]
  2. ^ 矢野建一は、当時の日本・唐いずれにおいても夫婦が同姓であることは考えられないことから夫婦説を当たらないものとし、また東朝と昇女が同時に従五位下に昇進したことから、年齢も近く同じ経歴をたどったものであろうとしている[3]
  3. ^ 同じ場所からは、神護景雲2年(768年)の年紀のある木簡なども発掘されている[3][9]
  4. ^ 文字の間違いなどから習書の可能性もある[2]

出典編集

  1. ^ a b c d e 皇甫東朝 デジタル版 日本人名大辞典+Plus』 - コトバンク
  2. ^ a b c d e f g “墨書土器に「皇甫東朝」 - 渡来の「唐楽」貴族【西大寺旧境内で発見】”. 奈良新聞. (2010年4月9日). http://www.nara-np.co.jp/20100409102203.html 2016年10月8日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 矢野建一遣唐使と来日「唐人」-皇甫東朝を中心として-」『専修大学東アジア世界史研究センタ一年報』第6巻、2012年3月、2016年10月8日閲覧。
  4. ^ 『続日本紀』巻第十二 天平八年八月庚午条
  5. ^ 『続日本紀』巻第十二 天平八年十一月戊寅条
  6. ^ 『続日本紀』巻第二十七 天平神護二年十月癸夘条
  7. ^ 『続日本紀』巻第二十八 神護景雲元年三月己巳条
  8. ^ 『続日本紀』巻第三十 神護景雲三年八月甲辰条
  9. ^ a b c d 唐人「皇甫東朝」の名を記した土器 (PDF)”. 奈良市埋蔵文化財調査センター速報展示資料. 奈良市埋蔵文化財調査センター. 2016年10月8日閲覧。
  10. ^ 『続日本紀』巻第三十一 宝亀元年十二月丙辰条