袁 晋卿(えん しんけい、開元6年/養老2年(718年)または開元7年/養老3年(719年) - 没年不詳)は、8世紀の中国代の人物で、奈良時代の日本の貴族氏姓は袁(無姓)、のちに清村(浄村)宿禰官位従五位上安房大学頭

出自編集

袁氏(無姓)は袁濤塗の後裔とされる、中国渡来氏族[1]

経歴編集

天平7年(735年)第10次遣唐使に従ってより来日し、日本帰化する。その時の年齢は18歳か19歳とされるため、生年は養老2年か3年(718年719年)と想定される。

のち、『文選』『爾雅』の音を学び、大学音博士となる[2]天平神護2年(766年)には法華寺での舎利会において唐楽を演奏した功労により、李元環皇甫東朝らとともに昇叙され、晋卿は従五位下叙爵した。翌天平神護3年(767年釈奠において音博士を務め、従五位上に叙せられる。称徳朝末の神護景雲3年(769年日向守に任ぜられ地方官に転じる。

光仁朝宝亀9年(778年)2月に玄蕃頭に任ぜられ、同年12月には袁(無姓)から清村宿禰に改姓桓武朝延暦4年(785年安房守任官している。

人物編集

性霊集』では「両京の音韻を誦して、三呉の訛響を改む。口は唐音を吐いて、嬰学の耳目を発揮す」と賞讃されている[3]

官歴編集

続日本紀』による。

系譜編集

  • 父:不詳
  • 母:不詳
  • 生母不詳の子女
    • 男子:清村弘[4]
    • 男子:清村秀[4]
    • 九男:清村浄豊[4]
    • 女子:袁常照室[5]
  • 養子女
    • 養子:春科道直 - 実は袁常照の子[5]

9人の男子がおり、九男の浄豊は伊予親王の文学(家庭教師)を務めた。また、天平宝字4年に唐の使人として入朝した袁常照は日本に帰化したのち死去して、息子の源らは孤児となってしまったが、外祖父の袁晋卿が養子として養育したという。源らは外祖父の養子になるという罪について自首し、延暦24年(805年)浄村宿禰源から春科宿禰道直と改姓改名している[6]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 新撰姓氏録』「左京諸蕃」
  2. ^ 『続日本紀』宝亀9年12月18日条
  3. ^ 『性霊集』巻4
  4. ^ a b c 『日本古代氏族人名辞典』
  5. ^ a b 『日本後紀』延暦24年11月19日条
  6. ^ 『日本後紀』延暦24年11月19日条

参考文献編集