メインメニューを開く

益田 正忠(ますだ まさただ、生没不詳)は、戦国時代武将尾張国出身。阿波撫養城主。官位は内膳正。

 
益田正忠
時代 戦国時代
生誕 不詳
死没 不詳
官位 内膳正
主君 蜂須賀正勝蜂須賀家政
徳島藩
氏族 益田氏
父母 父:益田持正
兄弟 益田一正大匠院蜂須賀正勝正室・説)、益田正忠
益田正利
テンプレートを表示

父は蜂須賀家の家臣である益田持正。兄は一宮城主・海部城主の益田一正。姉は蜂須賀正勝の正室である大匠院(まつ)[1]。息子に益田正利撫養城主)がいる。

生涯編集

尾張国蜂須賀村で生まれる。父は蜂須賀正勝に仕えた益田持正

蜂須賀家政阿波国へ入った際、父の持正は一宮城主となり、正忠は撫養城主となる。1597年慶長2年)の分限帳には、撫養、堂浦、板東、堀江、川内などに計3593石を知行とある。

その後、息子である益田正利(5000石知行)が撫養城主を引き継いだ。

脚注編集

  1. ^ ただし三輪吉高を父とする説もある。

参考文献編集