ジャック・フィニイ > 盗まれた街

盗まれた街』(ぬすまれたまち、原題:The Body Snatchers)とはジャック・フィニイによる小説。映画化もされた。

盗まれた街
The Body Snatchers
著者 ジャック・フィニイ
訳者 福島正実
発行日 アメリカ合衆国の旗 1955年
日本の旗 1957年
発行元 アメリカ合衆国の旗 Dell Books
日本の旗 早川書房
ジャンル SFサスペンス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

概要編集

『コリアーズ』誌に1954年から連載、翌年単行本化。サンタ・マイラのモデルは著者が住んでいたカリフォルニア州ミル・ヴァレー[1]

当時のアメリカにおける赤狩りによる風潮を描いた典型的作品とされる。

あらすじ編集

1953年8月13日、カリフォルニア州の田舎サンタ・マイラで開業医を営むマイルズ・ボイズ・ベンネルのもとに家族が別人のようになったという相談が舞い込む。 やがて同じ相談が激増し、そのうちベンネルの友人のジャックが自宅の物置で見つけたという死体を見せる。その死体には指紋が無かった。

日本語訳編集

映画化作品編集

いずれの作品も結末は原作とは異なっている。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 2007年の新装版の巻末解説

関連項目編集