メインメニューを開く

盛安寺(せいあんじ)は、滋賀県大津市坂本にある天台真盛宗の寺院[1]重要文化財十一面観音菩薩立像を所蔵しており[1]、同像は井上靖の小説『星と祭り』で知られている。湖国十一面観音菩薩霊場第2番札所。びわ湖百八霊場第7番札所。

歴史編集

文化財編集

重要文化財編集

  • 客殿(附 指図2枚) - 伏見城の廃材が利用されているという[1]
  • 木造十一面観音立像[1]。 

その他の文化財編集

  • 本堂 - 大津市指定文化財[1]
  • 庭園 - 滋賀県指定名勝[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 盛安寺”. 大津の歴史事典. 大津市歴史博物館. 2017年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月2日閲覧。

参考資料編集

関連項目編集