メインメニューを開く

目隠しの国』(めかくしのくに)は、筑波さくらによる日本漫画作品、およびそれを原作としたドラマCD1999年から2004年にかけて『LaLa』及び『LaLa DX』(共に白泉社)に連載された。単行本は花とゆめコミックスから全9巻。文庫版は白泉社文庫から全5巻。

目次

あらすじ編集

大塚かなでは、触れた人の未来を時々垣間見る力を持っている。隣のクラスに転校してきた内藤あろうと知り合うが、彼には触れた人の過去を見る能力があった。特殊な力で見えた友人の未来に積極的に関わろうとするかなでに対して、あろうは過去の経験から関わらない方が良いと忠告する。2人は互いが持つ特殊な力の秘密を共有し、その力で知った友人達の過去や未来に自分がどう関わるべきか悩み、そして支えあいながら、やがて魅かれていく。

主な登場人物編集

大塚かなで
本編主人公の高校2年生。触れた人の未来が時々見えるが、必ず見えるというものではない。
あろうのことが好きで付き合っている。
内藤あろう
かなでの隣のクラスに転校してきた同級生。人やモノに触れて過去を見ることができる能力を持つ。12月6日生まれ。
強く願ってしまうと力が増幅して、願ったところに移動してしまう。
並木昌廣
かなでの高校に転校してきた高校3年生。触れた人の未来が見える力を持っており、その力はかなでよりも安定している。
また、マンションの保証人になってもらっている元証券マンに予知した株価を教えている。10月28日生まれ。
かなでと見つけた捨て犬を飼っている。
かなでとあろうのことを大切に思っている。
中村エリ
かなでのクラスメイトで親友。江沢のことが好き。かなでの能力を最後に知るが、かなでが自分から能力のことを話したのはエリが最初。
江沢
あろうと同じクラスで、エリが思いを寄せている。無口で何を考えているのかわからない所もあるが、嘘はつかない。

書誌情報編集

ドラマCD編集

2001年7月25日マリン・エンタテインメントから発売。

キャスト編集