メインメニューを開く

盲人、視覚障害者その他の印刷物の判読に障害のある者が発行された著作物を利用する機会を促進するためのマラケシュ条約

盲人、視覚障害者その他の印刷物の判読に障害のある者が発行された著作物を利用する機会を促進するためのマラケシュ条約(Marrakesh Treaty to Facilitate Access to Published Works by Visually Impaired Persons and Persons with Print Disabilities、英語での通称はMarrakesh VIP TreatyMVT[3])は、2013年6月28日モロッコマラケシュで採択された著作権に関する条約である[4][5]

盲人、視覚障害者その他の印刷物の判読に障害のある者が発行された著作物を利用する機会を促進するためのマラケシュ条約
通称・略称 視覚障害者等による著作物の利用機会促進マラケシュ条約[1]、マラケシュ条約[2]
署名 2013年6月28日
効力発生 2016年9月30日
寄託者 世界知的所有権機関事務局長
言語 英語
条文リンク Marrakesh Treaty to Facilitate Access to Published Works for Persons Who Are Blind, Visually Impaired or Otherwise Print Disabled
テンプレートを表示

目次

概要編集

本条約は、やその他の著作権により保護された作品について、視覚的に障害のある人等がアクセスできる点字図書録音図書等のバージョンの作成を容易にするために、著作権の例外を容認するものである。本条約は、彼らの活動をカバーし、締約国がそのような素材の輸入及び輸出を可能にする国内の著作権の例外を規定するための規範を定めている。

本条約は、1994年に作成された世界貿易機関を設立するマラケシュ協定に続く、マラケシュに関連する2番目の国際的な貿易条約である。

経緯編集

2009年3月に開催された第18回世界知的所有権機関(WIPO)著作権及び著作隣接権に関する常設委員会 (Standing Committee on Copyright and Related Rights, SCCR) において、ブラジルエクアドルパラグアイから世界盲人連合による条約案 (SCCR/18/5) の提示を受けた[6]。その後、議論が続けられ、2013年6月17日から28日までモロッコのマラケシュで本条約採択のための外交会議が開催された。

マラケシュでの外交会議の閉会時に条約に署名したのは51ヶ国で、最終的には79ヶ国とEUが署名した[7]2014年7月24日、インドが本条約の加入書を寄託した最初の国となった[8][9]。本条約の発効には20ヶ国の批准書または加入書の寄託が必要とされるが(本条約18条)、2016年6月30日にカナダが批准書を寄託したことによりこの条件が達成され、同年9月30日に発効した[10]

2015年3月、欧州連合理事会はいつになく厳しい声明を出し、欧州委員会をEUによる本条約採択の遅れの件で非難し、同委員会が「遅滞なく必要な法律の立案をすること」を求めた[11][12]

実体規定編集

本条約の受益者は、3条に規定されており、

  • 盲人である者[13]
  • 視覚障害又は知覚若しくは読字に関する障害のある者であって、そのような障害のない者の視覚的な機能と実質的に同等の視覚的な機能を与えるように当該障害を改善することができないため、印刷された著作物を障害のない者と実質的に同程度に読むことができないもの[14]
  • 身体的な障害により、書籍を持つこと若しくは取り扱うことができず、又は読むために通常受け入れ可能な程度に目の焦点を合わせること若しくは目を動かすことができない者[15]

とされている。

この規定から分かるように、を読むことができない者は、目が見えない者に限られない。例えば、筋萎縮性側索硬化症の症状が進行した患者や肢体不自由者には、文章を理解することができても、本のページをめくることができない者もいる。一方、識字障害者のように、ページをめくることができるが、本の内容を理解できないために、本を読んだということにはならない者もいる[2]

視覚障害者が、出版物についてアクセスできる形式で入手できるものは5%程度しかないと推定されており[16]、本条約は、本のような著作物を読むことができない者に対し、それらの者が利用しやすい形式で制作された複製物を提供できるようにするため、加盟国に著作権に制限規定または例外規定を設けることを求めている(本条約4条)。もっとも、これらの規定が当該著作物についての権利者の正当な利益を不当に害したり、当該著作物の通常の利用を妨げたりすることはない(本条約11条)。

また、ある本につき同じ代替著作物を作成する重複労力を削減するため、加盟国間で代替著作物の輸出入が円滑に行われるための制度を整備する必要がある(本条約6条)。

締約国編集

日本においては、2018年第196回国会に提出され、3月29日に衆議院本会議、4月25日に参議院本会議で、全会一致で条約締結が承認された。[18]。 10月1日(現地時間)、日本政府は、スイスのジュネーブにおいて条約の加入書を世界知的所有権機関(WIPO)事務局長に寄託した。効力を生ずるのは、2019年1月1日となる[19]

評価編集

クイーンズランド大学法律学部の講師ポール・ハーパー博士はアクセシビリティに関する一連の論文の一部として、本条約は著作権の世界がどのようにプリント・ディスアビリティを持つ人々とアクセシビリティにアプローチするかについてのパラダイムシフトを表わしていると主張している。本条約が好ましい一歩であるとしても、ハーパー及びスゾーは国連障害者権利条約において仮定されたように障害のある人々に読む権利を完全に認めさせるために多くのニーズがあると論じている[20][21][22][23]

脚注編集

  1. ^ 盲人,視覚障害者その他の印刷物の判読に障害のある者が発行された著作物を利用する機会を促進するためのマラケシュ条約”. 外務省. 2018年5月16日閲覧。
  2. ^ a b “マラケシュ条約を承認 視覚障害者らの書籍利用しやすく”. 福祉新聞. (2018年5月15日). http://www.fukushishimbun.co.jp/topics/18919 2018年5月16日閲覧。 
  3. ^ Summary of the Marrakesh Treaty to Facilitate Access to Published Works for Persons Who Are Blind, Visually Impaired, or Otherwise Print Disabled”. 世界知的所有権機関. 2016年5月31日閲覧。
  4. ^ Diplomatic Conference to Conclude a Treaty to Facilitate Access to Published Works by Visually Impaired Persons and Persons with Print Disabilities”. 世界知的所有権機関 (2013年6月28日). 2016年8月12日閲覧。
  5. ^ “Between the lines: Blind people defeat lobbyists in a tussle about copyright”. エコノミスト. (2013年7月20日). http://www.economist.com/news/international/21582039-blind-people-defeat-lobbyists-tussle-about-copyright-between-lines 
  6. ^ Standing Committee on Copyright and Related Rights: Eighteenth Session”. 2016年8月15日閲覧。
  7. ^ , http://www.wipo.int/treaties/en/ShowResults.jsp?lang=en&treaty_id=843 
  8. ^ Notifications: Marrakesh VIP Treaty”. 世界知的所有権機関 (2015年12月11日). 2016年2月5日閲覧。
  9. ^ India ratifies Marrakesh Treaty for visually impaired”. en:The Hindu (2014年7月3日). 2016年8月12日閲覧。
  10. ^ WIPO Press Release : Canada’s Accession to Marrakesh Treaty Brings Treaty into Force, 世界知的所有権機関, http://www.wipo.int/pressroom/en/articles/2016/article_0007.html 
  11. ^ Marrakesh in the EU: facing the excuses and delay tactics after Council statement”. IP Policy Committee blog. TransAtlantic Consumer Dialogue (2015年4月7日). 2016年8月12日閲覧。
  12. ^ Proposal for a Council Decision on the conclusion, on behalf of the European Union, of the Marrakesh Treaty to Facilitate Access to Published Works for Persons who are Blind, Visually Impaired, or Otherwise Print Disabled — Guidance for further work (PDF)”. 欧州連合理事会. 2016年8月12日閲覧。
  13. ^ 外務省和訳 (PDF) 3条(a)
  14. ^ 外務省和訳 3条(b)
  15. ^ 外務省和訳 3条(c)
  16. ^ 2013年WIPO総会事務局長報告書 (PDF) 29
  17. ^ WIPO-Administered Treaties Contracting Parties > Marrakesh VIP Treaty (Total Contracting Parties : 38)”. 世界知的所有権機関. 2015年6月1日閲覧。
  18. ^ 盲人、視覚障害者その他の印刷物の判読に障害のある者が発行された著作物を利用する機会を促進するためのマラケシュ条約の締結について承認を求めるの件”. 参議院. 2018年6月1日閲覧。
  19. ^ 我が国による「視覚障害者等による著作物の利用機会促進マラケシュ条約」の締結”. 外務省. 2018年10月2日閲覧。
  20. ^ Paul Harpur and Rebecca Loudoun (2011). “The Barrier of the Written Word: Analysing Universities' Policies to Include Students with Print Disabilities and Calls for Reforms”. Journal of Higher Education Policy and Management 33 (2): 153–67. SSRN 1804628. 
  21. ^ Paul Harpur (2010). “Ensuring equality in education: How Australian laws are leaving students with print disabilities behind”. Media and Arts Law Review 15 (1): 70–83. SSRN 1668096. 
  22. ^ Nic Suzor, Paul Harpur and Dylan Thampapillai (2008). “Digital Copyright and Disability Discrimination: From Braille Books to Bookshare”. Media and Arts Law Review 13 (1): 1–17. SSRN 1138809. 
  23. ^ Paul Harpur and Nic Suzor (2013). “Copyright Protections and Disability Rights: Turning the Page to a New International Paradigm”. University of New South Wales Law Journal 36 (3): 745–78. SSRN 2390468. 

外部リンク編集