メインメニューを開く

相馬 益胤(そうま ますたね)は、江戸時代後期の大名相馬氏第27代当主。陸奥相馬中村藩第11代藩主。第9代藩主・相馬祥胤の四男。正室は松平頼慎水戸藩支流)の娘。従五位下、長門守。

 
相馬益胤
Souma Masutane.jpg
相馬益胤
時代 江戸時代後期
生誕 寛政8年1月10日1796年2月18日
死没 弘化2年6月11日1845年7月15日
官位 従五位下長門守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
相馬中村藩
氏族 相馬氏
父母 父:相馬祥胤、母:松平忠告の娘
養父:相馬樹胤
兄弟 樹胤定国仙胤益胤永胤相馬肥胤室、竹谷松平善長正室、伊東祐氏室、中西元道室、大久保忠列
正室:松平頼慎の娘
側室:池田氏
充胤義典義堯義諶泰胤青山幸礼継室のち織田信学正室、糸子、娘相馬胤就室、維子、相馬胤真

経歴編集

文化10年(1813年)9月22日、兄である相馬樹胤の養子となる。同年10月15日、将軍徳川家斉に拝謁する。同年11月10日、養父樹胤の隠居により、第11代藩主に就任した。なお、樹胤の生母は側室、益胤の実母は正室であった。同年12月16日、従五位下長門守に叙任。文化14年(1817年)から藩政改革に着手し、財政建て直しを図った。天保6年(1835年)3月7日、隠居し、家督を長男・充胤に譲った。弘化2年(1845年)死去。

系譜編集

関連項目編集