メインメニューを開く

青山 幸礼(あおやま ゆきのり)は、江戸時代後期の大名美濃国郡上藩5代藩主。郡上藩青山家9代。

 
青山幸礼
時代 江戸時代後期
生誕 文化5年9月6日1808年10月25日
死没 天保9年8月25日1838年10月13日
改名 房次郎(幼名)→幸礼
戒名 清猶院殿德風輝山大居士
墓所 東京都港区南青山長青山寶樹寺梅窓院浄土宗
官位 従五位下播磨守
幕府 江戸幕府 江戸城西の丸大手御門番
主君 徳川家斉家慶
美濃郡上藩
氏族 青山氏
父母 父:青山幸孝、養父:青山幸寛
兄弟 幸寛幸礼成展
青山忠裕養女(岡部長慎継室)、
サダ(青山忠裕養女、牧野節成正室)、阿充(石川総承正室)、松平信友正室、諏訪頼典室ら
正室:本庄宗発
継室:相馬充胤
養子:幸哉青山忠裕七男)
テンプレートを表示

生涯編集

文化5年(1808年)、3代藩主・青山幸孝の次男として誕生。兄で4代藩主・幸寛に嗣子が無かったため養子となった。

天保3年(1832年)、幸寛の死去により家督を継いだ。同年12月には江戸城西の丸大手御門番に任じられた。しかし天保の大飢饉で大被害を受けるなど、藩政に苦慮する中で、天保9年(1838年)8月25日[1]に死去した。享年31。

嗣子がなかったため、養子・幸哉が跡を継いだ。

脚注編集

  1. ^ 異説として4月25日。