メインメニューを開く

相馬駒焼(そうまこまやき)とは、福島県相馬地方に産する陶器相馬焼ともいう。茶器類が多く後に走馬を描き、駒焼き(こまやき)ともいう。

歴史編集

1648年(慶安元年)、京都仁清のもとで修行した陶芸家田代源吾右衛門(のちに清治右衛門と改名)が相馬郡中村(現相馬市)に開窯。以後、相馬藩の御用窯として手厚く保護された後、現代に至る。