相馬市

日本の福島県の市

相馬市(そうまし)は、福島県浜通りの北部に位置する太平洋沿岸の都市で、松川浦相馬野馬追で有名である。宮城県に隣接しており、仙台大都市圏にも含まれている。

そうまし
相馬市
Matsukawaura0001.JPG
Flag of Sōma, Fukushima.svg Emblem of Sōma, Fukushima.svg
相馬市旗 相馬市章
1962年12月28日制定
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 福島県
市町村コード 07209-5
法人番号 7000020072095 ウィキデータを編集
面積 197.79km2
総人口 37,047[編集]
推計人口、2020年8月1日)
人口密度 187人/km2
隣接自治体 南相馬市伊達市相馬郡新地町飯舘村
宮城県伊具郡丸森町
市の木 クロマツ
市の花 春:サクラ、夏:ハマナス、秋:キキョウ、冬:サザンカ
市の鳥 ウグイス
相馬市役所
市長 立谷秀淸
所在地 976-8601
福島県相馬市中村字北町63-3
北緯37度47分48秒東経140度55分10.7秒
相馬市役所の外観写真
外部リンク 公式ウェブサイト

相馬市位置図

― 市 / ― 町・村


 表示 ウィキプロジェクト
1975年(昭和50年)撮影の相馬市中心部周辺の空中写真。
1975年撮影の2枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。
上空からの相馬市
相馬市中心部(2013年6月3日)
JR相馬駅前(2020年8月)

概要編集

福島県浜通り北部に位置する都市である。戦国時代後期から江戸時代にかけて相馬氏の本拠地であり、特に江戸時代には中村藩6万石の城下町として栄えた。相馬市制施行以前は宇多郡に属していた。

近隣の相馬郡南相馬市を含めた相馬エリアの中で相馬市は行政機関の出張所が集約された土地であり、福島県中通りへのアクセスに最も長けた要所としての特徴を有する。港湾海水浴場といった海辺を活かした産業で賑わいを見せている。

相馬野馬追が有名であり、当地の藩主であった相馬氏との縁は深く、近代まで相馬野馬追の出陣式に相馬氏の当主を招いていた事からも伺える。また相馬氏がの紋章を用いた事に因んで、市街地には馬の銅像が点在する[1][2][3]

また二宮尊徳が飢餓・飢饉に陥った各地の村々に仕法(村興しの有効策)を行った土地でもある。中村城跡にある相馬中村神社は、妙見菩薩平将門を奉る神社として今尚参拝者が多い。相馬盆唄など多くの民謡の発祥地でもある。

地理編集

西に阿武隈高地・相馬丘陵と霊山を最高峰に山々が峙え、東が太平洋に面しており、宇多川と小泉川の河口にできた潟湖である松川浦が存在する[2][4]県庁所在地福島市(40km)へは国道115号で、浜通り地方最大都市のいわき市(90km)へは、南北に貫く常磐線国道6号常磐自動車道で移動する事が可能である。相馬市を含む浜通り北半分(相馬・浪江エリア)の地理的特徴として、阿武隈高地を越えて福島市、夜ノ森を越えていわき市、駒ヶ嶺を越えて宮城県境と、各主要都市へ向かうには難所を通る必要がある。

広袤編集

国土地理院地理情報によると相馬市の東西南北それぞれの端は以下の位置で、東西の長さは28km、南北の長さは13kmである[1][4]

経緯度極点 位置 経緯度
東端 蒲庭字孫目[2][3] 東経141度0分5秒[2]
北緯37度43分54秒[2][3]
西端 玉野字霊山[2][3] 東経140度40分40秒[2]
北緯37度46分59秒[2][3]
南端 蒲庭字孫目[2][3] 東経141度0分19秒[2]
北緯37度43分16秒[2][3]
北端 椎木字段ノ原[2][3] 東経140度53分04秒[2]
北緯37度50分38秒[2][3]

気候編集

福島県東北地方に区分されている事からが多いと思われがちだが、相馬市を含めた浜通りは冬に雪がほとんど降らない温暖な気候でありながら夏は涼しい、福島県太平洋沿岸部に見られる特徴である。 日本海からの季節風は山脈によって遮られるため、冬場でも雪が少ない。8月の平均気温は23.7℃と夏は涼しく、熱帯夜になることはほとんど無い。1月の平均気温は1.8℃と福島県の中では温暖な気候であるが、2010年2月7日の寒波で-14.0度を観測し、1976年12月の観測開始以来の最低気温記録を26年ぶりに更新した[5][2][3]

相馬(相馬市)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 6.4
(43.5)
6.7
(44.1)
9.8
(49.6)
15.4
(59.7)
19.7
(67.5)
22.3
(72.1)
25.8
(78.4)
28.1
(82.6)
24.4
(75.9)
19.6
(67.3)
14.5
(58.1)
9.5
(49.1)
16.9
(62.4)
日平均気温 °C (°F) 1.9
(35.4)
2.4
(36.3)
4.8
(40.6)
10.1
(50.2)
14.9
(58.8)
18.3
(64.9)
22.0
(71.6)
23.9
(75)
20.3
(68.5)
14.9
(58.8)
9.3
(48.7)
4.7
(40.5)
12.3
(54.1)
平均最低気温 °C (°F) −2.7
(27.1)
−2.6
(27.3)
−0.3
(31.5)
4.7
(40.5)
10.4
(50.7)
14.9
(58.8)
19.0
(66.2)
20.5
(68.9)
16.7
(62.1)
10.2
(50.4)
4.1
(39.4)
−0.1
(31.8)
7.9
(46.2)
平均月間日照時間 161.0 155.3 176.3 186.7 179.2 138.6 126.6 148.4 116.4 140.8 146.1 153.9 1,829.1
出典: 気象庁[6]

歴史編集

 
相馬中村城大手門(2013年6月3日)

市制施行前編集

市制施行後編集

地域編集

町・字一覧編集

中村地域
  • 尾浜
  • 北飯渕
  • 北小泉
  • 沖ノ内
  • 小泉
  • 塚ノ町
  • 中野
  • 中村
  • 新沼
  • 西山
  • 原釜
  • 本笑(もとわろう)
  • 和田
  • 光陽(一部)
大野地域
  • 石上
  • 大坪
  • 大野台
  • 小野
  • 黒木
  • 椎木(しいのき)
  • 長老内
  • 塚部(つかのべ)
  • 初野
  • 光陽(一部)
飯豊地域
  • 岩子(いわのこ)
  • 大曲
  • 柏崎
  • 百槻(どうづき)
  • 新田(にいだ)
  • 馬場野
  • 程田(ほどた)
  • 南飯渕
八幡地域
  • 今田
  • 坪田
  • 富沢
  • 成田
山上地域
  • 粟津(あわづ)
  • 山上
日立木(にったき)地域
  • 赤木
  • 立谷
  • 日下石(にっけし)
  • 柚木(ゆぬき)
磯部地域
  • 磯部
  • 蒲庭
玉野地域
  • 玉野
  • 東玉野
  • 相馬市は8地域に区分されている[39]

人口編集

  • 1955年の国勢調査では42864人であったが、1960年の国勢調査で4万人を下回った。その後は3万7000人から4万人の間で推移しており、中村地域に人口が集中している[2][3]
 
相馬市と全国の年齢別人口分布(2005年) 相馬市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 相馬市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

相馬市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


面積編集

地域名 面積
中村 18.53[2][3]
大野 33.53[2][3]
飯豊 17.19[2][3]
八幡 18.40[2][3]
日立木 14.67[2][3]
磯部 17.06[2][3]
山上 50.30[2][3]
玉野 27.99[2][3]

※2008年10月1日現在

  • 中村地域が1991年10月1日現在では18.46km2であったが、その後の変遷で1997年10月1日現在で18.47km2、さらに2003年10月1日現在で18.53km2になった[2][3]

行政編集

首長編集

  • 市長:立谷秀清(2002年1月19日就任、5期目)
  • 歴代市長
氏名 就任 退任 備考
1 横山宗延 昭和29年(1954年)4月29日 昭和33年(1958年)1月18日 元・大野村長
2 佐藤清照 昭和33年(1958年)1月19日 昭和37年(1962年)1月18日
3 横山宗延 昭和37年(1962年)1月19日 昭和49年(1974年)1月18日 再任
4 濱名忠雄 昭和49年(1974年)1月19日 昭和53年(1978年)1月18日
5 今野繁 昭和53年(1978年)1月19日 平成14年(2002年)1月18日
6 立谷秀清 平成14年(2002年)1月19日 現職

市役所・出張所編集

  • 相馬市役所

警察編集

  • 相馬警察署
    • 磯部駐在所
    • 大野駐在所
    • 尾浜駐在所
    • 山上玉野駐在所

消防編集

国の機関編集

司法編集

施設編集

図書館編集

  • 相馬市図書館

病院編集

公園編集

スポーツ施設編集

  • スポーツアリーナそうま
  • 相馬こどもドーム
  • 光陽サッカー場
  • 光陽ソフトボール場
  • 光陽パークゴルフ場
  • 松川浦パークゴルフ場
  • 相馬市民プール
  • 長友グラウンド
  • 角田公園テニスコート
  • 相馬港テニスコート
  • 二の丸球場
  • 相馬港野球場
  • 初野射撃場
  • 尾浜ビーチバレーボール場

ホール編集

資料館編集

子育て支援施設編集

  • 相馬こどものみんなの家

復興支援施設編集

  • LVMH子どもアート・メゾン

発電所編集

姉妹都市・友好都市編集

経済編集

産業人口(2000年国勢調査)
産業種別 人口
第一次産業就業人口 2,546人[2][3]
第二次産業就業人口 7,269人[2][3]
第三次産業就業人口 9,989人[2][3]

農業編集

  • 和田地区を中心として苺が特産である[2][3]
  • 磯部地区、石上地区を中心に梨の栽培が盛んである。

工業編集

  • 相馬中核工業団地 - 隣接する新地町も跨っている[2][3]
  • ハクゾウメディカルテクノス福島工場
  • IHI(旧石川島播磨重工業)相馬工場
  • ADEKA相馬工場
  • オリエンタルモーター相馬事業所
  • デンロコーポレーション東北工場
  • 東北三之橋相馬工場
  • コスモ精機相馬事業所
  • 常磐谷沢製作所相馬事業所
  • ソマ相馬工場
  • TACO精機相馬工場
  • ニダック精密
  • フジモールド工業相馬工場
  • 三星化学工業相馬工場
  • アリーナ
  • ファイマテック相馬工場
  • キンセイマテック相馬工場
  • 相馬エネルギーサポート
  • 大橋工業
  • 伊達物産副霊山工場
  • アイ・テック相馬支店
  • DDP スペシャルティ・プロダクツ・ジャパン相馬工場

漁業編集

商業編集

本社を置く企業編集

郵便編集

  • 日本郵便
    • 相馬郵便局 - 集荷業務:976-XXXXエリア
    • 日立木郵便局 - 集荷業務:979-25XXエリア
    • 相馬駅前郵便局
    • 相馬大手先郵便局
    • 相馬中野郵便局
    • 相馬刈敷田郵便局
    • 松川港郵便局
    • 八幡郵便局
    • 山上郵便局
    • 飯豊郵便局
    • 黒木郵便局
    • 原釜郵便局
    • 椎木簡易郵便局
    • 磯部簡易郵便局
    • 石上簡易郵便局
    • 岩子簡易郵便局

預金取扱金融機関編集

教育編集

高等学校
中学校


小学校
  • 相馬市立中村第一小学校
  • 相馬市立中村第二小学校
  • 相馬市立桜丘小学校
  • 相馬市立大野小学校
  • 相馬市立飯豊小学校
  • 相馬市立八幡小学校
  • 相馬市立日立木小学校
  • 相馬市立山上小学校
  • 相馬市立磯部小学校
  • 相馬市立玉野小学校(平成29年3月31日を以て廃校)


市立幼稚園

  • 相馬市立大野幼稚園
  • 相馬市立山上幼稚園
  • 相馬市立八幡幼稚園
  • 相馬市立飯豊幼稚園
  • 相馬市立磯部幼稚園
  • 相馬市立日立木幼稚園


私立幼稚園

  • 中村幼稚園
  • 原釜幼稚園
  • みどり幼稚園

私立保育園

  • 中村報徳保育園
  • 相馬保育園
  • みなと保育園
  • さくらがおか保育園
  • スクルドエンジェル保育園


児童館学童保育

  • 中央児童センター
  • 川原町児童センター
  • 中村二小児童クラブ
  • 飯豊小児童クラブ
  • 八幡小児童クラブ
  • 日立木小児童クラブ
  • 磯部小児童クラブ
  • 大野小児童クラブ
  • 相馬愛育園児童クラブ
  • 西部子ども公民館


交通編集

 
相馬駅

福島県内の主な移動手段は、西へ福島市国道115号が通じており、2020年度までに東北中央自動車道相馬福島道路)が全通予定である。南北へはいわき市や宮城県境に常磐自動車道国道6号常磐線が通じている。

鉄道編集

路線バス編集

一般路線
高速バス

道路編集

高速道路
国道
福島県道
道路元標
道の駅

港湾編集

観光編集

観光地
祭事
イベント施設

相馬を舞台とした作品編集

テレビドラマ編集

著名人編集

名誉市民編集

文献編集

  • 『図典 日本の市町村章』小学館辞典編集部、小学館、2007年1月10日、初版第1刷。ISBN 4095263113

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 市勢要覧”. 相馬市. 2012年6月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap そうまの統計DB”. 相馬市. 2012年6月1日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq そうまの統計DB 平成19年”. 相馬市. 2012年6月1日閲覧。
  4. ^ a b 沿革・あゆみ”. 相馬市. 2012年6月1日閲覧。
  5. ^ 気象庁(相馬の観測史上1~10位の値)
  6. ^ 平年値(年・月ごとの値)”. 気象庁. 2020年6月3日閲覧。
  7. ^ 福島県文化財センター白河館. “ふくしま教育情報データベース]”. 福島県教育委員会. 2019年2月23日閲覧。
  8. ^ 相馬デジタルミュージアム]”. 相馬市. 2019年2月23日閲覧。
  9. ^ 相馬デジタルミュージアム]”. 相馬市. 2019年2月23日閲覧。
  10. ^ 相馬デジタルミュージアム]”. 相馬市. 2019年2月23日閲覧。
  11. ^ 相馬デジタルミュージアム]”. 相馬市. 2019年2月23日閲覧。
  12. ^ 黒木田遺跡]”. 福島県文化財センター. 2019年2月23日閲覧。
  13. ^ 飯村均『律令国家の対蝦夷政策―相馬の製鉄遺跡群』
  14. ^ 板橋源. “古代石城石背両国建置年代一考]”. 福岩手大学学芸学部. 2019年2月23日閲覧。
  15. ^ 大迫徳行. “相馬の歴史講座「中村城」第2回 中世の中村城]”. 相馬市. 2019年2月23日閲覧。
  16. ^ 大迫徳行. “相馬の歴史講座「中村城」第11回 中村城と城下町の形成]”. 相馬市. 2019年2月23日閲覧。
  17. ^ 大迫徳行. “相馬の歴史講座「中村城」第11回 中村城と城下町の形成]”. 相馬市. 2019年2月23日閲覧。
  18. ^ 大迫徳行. “相馬の歴史講座「中村城」第11回 中村城と城下町の形成]”. 相馬市. 2019年2月25日閲覧。
  19. ^ 中村式部伊達氏と通じて相馬家に謀反を起こし、相馬盛胤義胤父子が中村式部を討つ。後に盛胤の次男・相馬隆胤が父と共に中村城に入城し、宇多郷大将として伊達氏に備える。※このようなことから隆胤を盛胤と混同した史料が存在している。
  20. ^ 岡田清一. “小高から中村へ -戦国武将相馬義胤の転換点-]”. 東北学院大学. 2019年2月25日閲覧。
  21. ^ 相馬の歴史講座 「相馬氏の統治時代」第5回 相馬氏存亡の危機]”. 相馬市. 2019年2月25日閲覧。
  22. ^ 相馬の歴史講座 「相馬氏の統治時代」第5回 相馬氏存亡の危機]”. 相馬市. 2019年2月25日閲覧。
  23. ^ 400年前にも津波 相馬中村開府の年、資料に記述 400年祭は中止”. 福島民友新聞. 2019年2月23日閲覧。
  24. ^ 相馬の歴史講座 「相馬氏の統治時代」第1回 中村開府~築城と城下町の形成(1)]”. 相馬市. 2019年2月23日閲覧。
  25. ^ 岩本由輝『歴史としての相馬 -花は相馬に実は伊達に-』刀水書房、2000年(P.101-114)
  26. ^ 岩本由輝『歴史としての相馬 -花は相馬に実は伊達に-』刀水書房、2000年(P.115-119)
  27. ^ 岩本由輝「近世陸奥中村藩における浄土真宗信徒移民の導入-木幡彦兵衛の覚書にみるその実態」『村落社会研究ジャーナル』、日本村落研究学会、2019年2月23日閲覧。
  28. ^ 同年3月27日、総理府告示第220号「市町村の廃置分合」
  29. ^ 図典 日本の市区町村 p51
  30. ^ 市町村の廃置分合”. 相馬市例規集. 2012年6月1日閲覧。
  31. ^ 図典 日本の市区町村 p51
  32. ^ 市章”. 相馬市例規集. 2012年6月1日閲覧。
  33. ^ 相馬市民の歌”. 相馬市例規集. 2012年6月1日閲覧。
  34. ^ 相馬市民憲章”. 相馬市例規集. 2012年6月1日閲覧。
  35. ^ a b c d e f g h 姉妹都市盟約書”. 相馬市例規集. 2012年6月1日閲覧。
  36. ^ 港・団地・高速道路”. 相馬市. 2012年6月1日閲覧。
  37. ^ 福島県宇多川で氾濫発生”. tenki.jp (2019年10月12日). 2019年10月17日閲覧。
  38. ^ 「片付けたのに…」ため息、保育園また浸水…福島・相馬”. 読売新聞 (2019年10月28日). 2019年10月28日閲覧。
  39. ^ 相馬市区長規則”. 相馬市例規集. 2012年6月1日閲覧。
  40. ^ a b c 相馬市出張所設置条例”. 相馬市例規集. 2012年6月1日閲覧。
  41. ^ 常磐線(富岡駅~浪江駅間)の運転再開及びおトクなきっぷの発売等について -東日本旅客鉄道株式会社水戸支社
  42. ^ [仙台直行便]南相馬⇔仙台駅西口”. 東北アクセス. 2013年6月6日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

行政
観光