真実 (1960年の映画)

1960年のフランスの映画

真実』(しんじつ、原題: La Vérité)は、1960年フランス映画である。監督はアンリ=ジョルジュ・クルーゾー、主演はブリジット・バルドーが務めている。

真実
La Vérité
監督 アンリ=ジョルジュ・クルーゾー
脚本 アンリ=ジョルジュ・クルーゾー
ヴェラ・クルーゾー
シモーヌ・ドリュー
ジェローム・ジェロミニ
ミシェル・ペラン英語版
クリスチアーヌ・ロシュフォール英語版
製作 ラウール・レヴィ
出演者 ブリジット・バルドー
撮影 アルマン・ティラール英語版
公開 フランスの旗 1960年11月2日
日本の旗 1961年4月8日
上映時間 128分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

あらすじ編集

ドミニク・マルソーは、妹のアニーとパリで暮らしながら、さまざまな男たちと関係を持っている。ジルベールは、指揮者になることを夢見て、アニーと同じ音楽学校に通っている。互いに惹かれ合ったドミニクとジルベールは肉体関係を結ぶが、やがて、2人の関係は破局を迎える。

月日が流れて、ドミニクは売春婦となり、ジルベールは指揮者となる。2人は再び一夜を共にするが、ジルベールはアニーと婚約している。ジルベールの目の前で拳銃自殺を図ったドミニクは、誤って彼を射殺する。後を追って死のうとした彼女はガス自殺を試みるが、警察に救助される。

ドミニクは殺人罪で裁判にかけられる。法廷から独房に戻った彼女は、割れた鏡の破片で手首を切り、自ら命を絶つのであった。

キャスト編集

公開編集

フランスでは1960年11月2日に公開された[1]。日本では1961年4月8日に公開された[2]

受賞とノミネート編集

映画賞 結果
1961 第33回アカデミー賞[3] 外国語映画賞 ノミネート
1961 第18回ゴールデングローブ賞[4] 外国語映画賞 受賞

脚注編集

  1. ^ La Vérité”. AlloCiné. 2019年7月20日閲覧。
  2. ^ 真実(1960)”. 映画.com. 2019年7月20日閲覧。
  3. ^ The 33rd Academy Awards | 1961”. Oscars.org. 2019年7月20日閲覧。
  4. ^ Winners & Nominees 1961”. Golden Globes. 2019年7月20日閲覧。

関連文献編集

外部リンク編集