真木和美

真木 和美(まき かずみ、1936年1月27日 - 2008年9月10日)は、日本物理学者。専門は超伝導超流動の理論。ジョン・バーディーン賞受賞。超伝導分野の専門語「Maki-Tompson項」や「Makiパラメター」に名前を残している。音楽や絵画に親しみ、自らバイオリンを弾き、オペラを歌ったりした[1]

真木 和美
(まき かずみ)
生誕 1936年1月27日
日本の旗 日本 香川県高松市
死没 (2008-09-10) 2008年9月10日(72歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州サンタモニカ
国籍 日本の旗 日本
研究分野 超伝導物理学
出身校 京都大学
主な受賞歴 ジョン・バーディーン賞
プロジェクト:人物伝

目次

年譜編集

受賞編集

  • 1972年 - 仁科記念賞(「超伝導体の理論的研究」に対し。)
  • 2006年 - ジョン・バーディーン賞(「ギャップレス超伝導と超伝導ゆらぎの研究」に対し。)

編集

参考文献編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ 以上は主に、参考文献1による。
  2. ^ 脚注1に同じ。