真田 信正(さなだ のぶまさ)は、真田氏の一族。名は幸明(ゆきあき)とも。

 
真田信正
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 元亀2年(1571年
死没 寛永9年(1632年
改名 幸明
主君 徳川家康松平忠輝忠昌
氏族 真田氏越前真田家
父母 父:真田昌輝
テンプレートを表示

生涯編集

真田幸隆の次男・真田昌輝嫡男[1]真田信綱真田昌幸の甥にあたる。

天正10年(1582年)に織田信長徳川家康による武田征伐での武田家滅亡後、松平忠輝忠昌に仕えた。

子孫は越前松平家に仕え、越前真田家として現在も存続している[1]

脚注編集

  1. ^ a b 柴辻俊六『真田昌幸』吉川弘文館〈人物叢書〉、1996年、71頁。

関連事項編集