瞎堂慧遠(かつどう えおん、崇寧2年(1103年) - 淳熙3年1月15日1176年2月26日))は、中国南宋臨済宗。号は仏海禅師。俗姓は彭。眉州眉山県金流鎮(現在の四川省楽山市夾江県)の出身。

略歴編集

13歳のとき出家し、はじめ成都の大慈寺で学んだ。のち、成都の昭覚寺の圜悟克勤のもとで頓悟した。圜悟克勤の没後、江南に移った。孝宗の勅命により、1170年から杭州霊隠寺の住職となり、1173年には孝宗から仏海禅師の号を贈られた。

日本におけるの草分けである覚阿は、瞎堂慧遠に学んだ。

また、後に民間伝承の主人公となった済公も瞎堂慧遠の弟子であった。

著作編集

参考文献編集