淳熙(じゅんき)は、中国南宋時代に孝宗の治世で用いられた元号1174年 - 1189年。

西暦等との対照表編集

淳熙 元年 2年 3年 4年 5年 6年 7年 8年 9年 10年
西暦 1174年 1175年 1176年 1177年 1178年 1179年 1180年 1181年 1182年 1183年
干支 甲午 乙未 丙申 丁酉 戊戌 己亥 庚子 辛丑 壬寅 癸卯
大定14 大定15 大定16 大定17 大定18 大定19 大定20 大定21 大定22 大定23
西夏 乾祐5 乾祐6 乾祐7 乾祐8 乾祐9 乾祐10 乾祐11 乾祐12 乾祐13 乾祐14
淳熙 11年 12年 13年 14年 15年 16年  
西暦 1184年 1185年 1186年 1187年 1188年 1189年
干支 甲辰 乙巳 丙午 丁未 戊申 己酉
大定24 大定25 大定26 大定27 大定28 大定29
西夏 乾祐15 乾祐16 乾祐17 乾祐18 乾祐19 乾祐20

出来事編集

  • 乾道9年
  • 淳熙元年
  • 淳熙2年
  • 淳熙4年
  • 淳熙5年
  • 淳熙7年
    • 12月11日:農地開墾と水利の監督を促す詔勅が出る。
  • 淳熙8年
    • 3月1日:『淳熙条法事類』が公布される。
  • 淳熙9年
    • 7月:唐仲友に対する朱熹の弾劾事件が起こる。
    • 8月2日:文武の冗官を減らす。
    • 9月27日市舶司を通じて銅銭の海外流出を禁ずる詔勅が出る。
  • 淳熙14年
  • 淳熙16年
    • 2月2日:孝宗が退位する。
    • 11月14日光宗の即位により翌年から「紹熙」へ踰年改元の詔が下る。

関連項目編集


前の元号:
乾道
中国の元号
南宋
次の元号:
紹熙