メインメニューを開く
短十二糎砲
使用勢力 大日本帝国海軍
採用年 1943年
口径 120mm
砲身長 1,510mm(12.6口径
砲腔(ライフリング)長 1,440mm[1]
初速 290m/s(常装)
200m/s(弱装)
最大射程 5,300m
最大射高 3,100m
発射速度 7-12発/分
10発/分(標準)
俯仰角 -15度から+75度
俯仰速度 13度/秒
旋回角 360度
旋回速度 12.5-13.5度/秒
動力 人力
重量 約1.8トン(内、砲身重量:218kg[1]
使用弾 通常弾(榴弾
阻塞弾
焼夷弾
焼霰弾
演習弾
対潜弾
弾薬包全長 630mm(一号通常弾)
弾丸重量 13.0kg(一号通常弾)[1]
11.8kg(一号通常弾、信管を除く)[2]
炸薬重量 九一式爆薬:2.515kg(一号通常弾)[1]
装薬重量 八九式火薬:0.5kg(常装)
信管 九一式時限信管改一
八八式信管二型
四式信管
対潜信管

短十二糎砲(短12cm砲/たんじゅうにせんちほう)は、第二次世界大戦中期に日本海軍が開発した高角砲である。短二十糎砲と同時開発された。

概要編集

短十二糎砲は、商船(特設艦船)の自衛用に開発された簡易急造高角砲である。大仰角を取ることが可能で、対空攻撃も行うために高角砲に分類されているが、実質は対潜を主とし、対潜・対水上・対空兼用の迫撃砲に似た特性を有する榴弾砲である。外見の特徴として、駐退機砲身の上方に1本ある。砲身の下方には短い円筒があるが復座機の可能性がある。閉鎖機は正面向かって右開きの螺旋式閉鎖機である。

TM型戦時標準船などに搭載された。

短十二糎砲は初速が低く、射程や射高も短く、砲弾装填時には砲身の仰角を約10度にせねばならなかったので発射速度も低い。そのため、主目的は潜水艦による通商破壊に対抗するための、対潜弾を使用した対潜攻撃であり、対空攻撃は副次的な目的と思われる。

開発と製造は呉海軍工廠にて行われ、短十二糎砲と短二十糎砲は合わせて、昭和18年に230門、昭和19年に230門、昭和20年に40門の計500門が製造された。

艦載砲である本砲を車載用に大幅に改造して、九七式中戦車に搭載し自走化した短十二糎自走砲がある。

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集